トライアングル 第4話

いったい、なんだったんだ…?
アザ男の気持ちがまったくわからない第4話。
そして次回予告では「新藤と母親が共謀」なんて言い始めた…
なんだと?!
第4話は見なくても問題なかったんじゃあ…??

第4話 衝撃の告白

前回、葛城家に現れたアザ男
何をしにきたのかは謎のままでした。
母親の「帰ってください」しかセリフがないんだもん。
強請られたのかな? ←安易な想像。
…母親がどうしてリビングに通したのかも謎ですな。

母親、アザ男が来たことをサチにはヒミツにしたいらしい。
けど、わざとらしく残されていたライターにより訪問がバレます。
で、郷田くんに確認。
この時の郷田くんがヨカッタ!
詳細を話そうとしないサチに「大丈夫か?」と! 優しい。

一方、“新藤”について宮部さんに聞く黒木
こいつがやったに違いない」と思いながらも逃がしてしまった無念を告白。
黒木父が逃がしたらしいですよ。なんで
尊敬する父親の過去の汚点を聞いた黒木、どうするのか
とりあえず今は黙っていますね。あ~あ。

でも郷田は気付いていますよ“誰かさん”の存在に。
その誰かさんを揺り動かすため富岡に頼んで事件を記事にしてもらいます。
丸さん激怒。
でも仕事はきちんとします、さすが丸さん。
宮部の元へ自ら聞き込み。
そこへ親分風を吹かせた黒木父登場。
警察を辞めても部下は部下」と脅しているとしか思えない言動に寒気を覚えます。
とたんに口が重くなる宮部…何か弱みを握られているのか?

相変わらず目的がわからない志摩野
今度は“絵画教室兼アトリエ”を提供してくれましたよ。
ありがたいですけど、キモチワルイです。
どうしてそこまでしてくれるんだ?
郷田のこともへったくそな尾行までして監視しているのはなぜ?
でも郷田の伝言を志摩野に託した秘書に好感を覚えます(笑)

さて、今回ワタシが一番驚いたシーン。
堂々と会社で私用電話をしながら闊歩する真知子。
ありえないーっ! なんて自由な会社なのっ!!
んで、志摩野と佐智絵父が会っていたことをサチに話さないのはなぜ?

アザ男に呼び出されたサチ、郷田くんに報告。
君を守る」って言われて嬉しかったんですね。
しかし、それに水を差す黒木。
郷田が見ているのはあなたじゃない
うっさい! 親父の過去に向き合えない君に言われたくない!
それに郷田くんはちゃんと過去は過去として受け入れておるわい!
後悔はしているけどサチのことはサチとして見てますう~。

で、今回最大の謎。アザ男は何をしたかったのか

工事中のビルに呼び出してエレベーターに閉じ込めおもちゃの爆弾をセット。
おい、手紙はいらないのか??
手紙手紙言いながら手紙に興味を持っていないキミがわからないよ…

ところで工事中のビルってエレベーター動くんでしょうか?
動いたとしてもこの状況で乗るでしょうか? ワタシなら乗らないです。

そしてずいぶんのんびり歩いていたらしくアザ男
郷田くんに顔を見られてしまいました。
この場面もずいぶんのんびりしていて郷田くんが轢き殺されちゃうかと思いました。
アザ男、そんなに悪い人ではないようです。

問題なのはアザ男の顔を見て
あいつだ」と過去の記憶がフラッシュバックしていること。
…郷田くんは過去に「あいつ」を目撃しているのですか?
どうしてその時警察に言わなかったの?
言ったけど黒木父にいなされた、とかなんだろうか??

そいで佐智絵の母親が記憶を取り戻した?
佐智絵を殺したのは私よ
と言い始めました。
これは次回予告がなければ
「罪の意識から責任を感じて言った」と判断するところですが
“共謀”と言いきってましたからね~。
なんか番組に躍らされている気もしますが、来週は見逃せませんね。


ドラマ『トライアングル』過去の感想
第1話第2話第3話
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トライアングル 動画

トライアングルとは…ウィキペディアによると、トライアングル(”triangle”)は、楽器分類学 体鳴楽器に分類される打楽器の一つである。形状は三角形に曲げられた金属(一般には鋼鉄)の棒である。「トライアングル」とは英語で三角形のことで、その形状からこの名がつい

トライアングル

江口洋介「大人が楽しめるドラマを」 オリコンフジテレビ系『トライアングル』(火曜、後10・00)で、国際警察の一員である亮二を演じている。25年前に亮二の同級生が殺された事件がドラマの鍵となっている。 「実は、犯人はまだ誰も知らないんですよ」と語る江口。「い

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking