医学のたまご (海堂尊)

バチスタシリーズに繋がる番外編的な物語。
中学生が主人公ということで対象読者は中高生?
なんと横組でした!!


医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)医学のたまご (ミステリーYA!) (ミステリーYA!)
(2008/01/17)
海堂 尊

商品詳細を見る


ひょんなことから大学病院で研究をすることになった
曾根崎薫くんが主人公。
現役中学生です。
義務教育中ですから中学校に通いながら病院にも通うことに。
そこでオトナの思惑に振り回され成長する少年。

いや、なんて言うか全編通してイライラするんですよね。
薫くんのテンションに馴染めない。
いや、おもしろいんですけどね。
けれど彼は熱血ではないので
どう距離を測ればいいのかわからないんですよ(苦笑)

そんな風に戸惑う私を虜にしたのがスーパー高校生の佐々木さん!
超クールにして正義感溢れる熱血魂の持ち主です。
そしてこの人にはあっと驚く正体がっ!
海堂さんの小説は全部読んだ方がいいかもしれない…と思った瞬間です。

そんな佐々木さんの協力もあり、ラストは痛快!

ああ、私は佐々木さんを主役にした物語が読みたいぞ!!

この作品をシリーズの時系列にあてはめると

ひかりの剣ブラックペアン1988
  ↓
  ↓
チーム・バチスタの栄光
  ↓
ナイチンゲールの沈黙ジェネラル・ルージュの凱旋
  ↓
螺鈿迷宮
  ↓
  ↓
医学のたまご


となりますな。ヤバイな~。
こういう風に繋がるお話は大好きなんですよね~。
やっぱ海堂作品は全部読むべきかも…
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

医学のたまご 海堂尊

装画はヨシタケシンスケ。ブックデザインは守先正+高橋奈津美+輪湖文恵。 「日経メディカル」連載。理論社ミステリーYA!シリーズ。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking