トライアングル 第3話

謎は深まるばかりでございます。

第3話 容疑者

前回、謎の男に狙われたサチ
それを庇って刺された郷田
ともに警察に詳細を語ろうとはいたしません。
なして? もっと協力的になろうぜ!

でもサチは真知子志摩野には事情を話してしまいます。
手紙を見せられた志摩野、読まずに燃やしたー!
燃やさなくてもいいじゃないか!!
この人はサチに佐智絵として生きてもらうため過去を封印したいらしい。なんで?

それとは対照的にサチにサチとして生きてもらいたい郷田。
誰かの身替わりとして生きる人生は幸せか?
君の知らない過去が今の君を苦しめる。自分の人生を生きろよ
と説得しようとします。
どうして郷田はこんなにサチのことを気にかけるのか?

それはやはり25年前に佐智絵からちょっと事情を聞かされていたのに
何もできずに終わってしまったことが原因なのでしょう。
佐智絵ちゃんは「最近、やな男がいるの」「どうしよう」と涙するくらい
悩んでいたようです。
親にも相談できないことのようですね。いったい何があったのか?

そんな事情は知らないサチ、25年前の事件を調べ始めました。
へー、古い新聞てそんなふうに閲覧できるんですか。おもしろーい。
で、何かをつかんだらしいサチ、父親に会いに行きます。
あら、音信不通じゃないんですね。

父親は大杉漣さんです。あ、そうだったんですか。
養女に迎えておきながらあの家を出てしまった。
不甲斐ない父親だ。すまない

と謝罪していますが…「すまない」って思うのなら家にもどれば?
いったい、何をしているんでしょうね?
…なんとこの人、志摩野と繋がっているようですよ! ど、どういうこと??

それを目撃する真知子。
面白くなってまいりました!

気になる佐智絵の手紙ですが、何を書いたのでしょう?
黒木の父がドーンという音とともに登場。なんだあの効果音(笑)
息子を巻き込んで郷田に説明し始めますが…
手紙の内容は「ケーキ屋さんになりたい」というものだったと。
コピーまであります!
えー、そんなんありかー? つまんねー。つーか胡散臭い。
信じられません。が、郷田には堪えたようです。

凹む郷田を見て丸山
本部から当時の情報を探ってみる」と約束してくれました。
しかも「俺はお前のほうを信じる」というウレシイ言葉付き!
ステキだ、丸山さん!
以後「丸さん」と呼ぶようになった単純な郷田くんなのでした。

元気になった郷田くん、実際に手紙を読んだサチに探りをいれます。
ああ、そうやって聞き出すのか~。私にはできぬ。
顔にあざのある男”と書かれていたそうですよ。
ほら、やっぱりコピーはニセモノ! 嬉しくなった郷田くん思わず
コピーはウソだ、でたらめだ」と口走ってしまいます。
あ、その言い方では誤解を招く…
案の定、サチに叩かれました。あーあ。

一方、ちゃんと捜査も進んでおります。
郷田を刺した犯人を確保しました。
礼状ナシで強行突破はともかく連携はとろうぜ。逃がしそうでヒヤヒヤしました。
とっつかまった小巻飲み屋で頼まれた」そうです。
しかも「顔にあざのある男に」!
あっさり吐きましたね。
これは丸さんの尋問が上手いのかな? なんか笑顔で怖いこといいそうだしな。

約束を守ってくれた丸さん、本部の宮部さんから捜査メモを入手。
そこには…
顔にあざのある男”どうやらこの人、近所にいるらしい?
そして“新藤利道”という名前が!

おお、容疑者っぽい名前が出てきました!
でも当時、宮部さんが気付いていて捜査対象からはずれたんだよね…
さあ、どうなるでしょう?!
と、盛り上がったところへさらに展開が!

葛城家を訪ねる“あざ男”登場! 宅間伸さんだ!
え、え、え? もうあざ男、出てきちゃうの? 展開早っ!!

えと、要点をまとめると
吉澤からヒントをもらった堀米富岡が、手紙のことをあざ男に教えて
あざ男が小巻に依頼?
これでいいのか? なんか遠いな~。
よく考えると吉澤も怪しいっちゃー怪しいんだよね。
吉澤が実は…! って展開もありかな? だったら面白い(にやり)

今回は謎が増えただけでしたね。
今までの謎
黒木に電話をかけたのは誰? そして理由は?
佐智絵ちゃん第一発見者のホリゴメ「その後のことは信じられない。まるで」の先は?
母親に手紙のことを教えた男は誰?
富岡の原稿はどこに?
志摩野はどう絡んでくるのか?

これに加えて

やな男=あざ男=新藤なのか?
父親はなぜ家を出ているのか?
手紙が2通ある理由は?
「郷ちゃん」という呼び方になんで弱いの? ←どうでもいいって気もする(笑)
蔵之介は何をしているのだっ! 上海が舞台になるのはいつ?


ドラマ『トライアングル』過去の感想
第1話第2話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking