感想まであともうちょっと

女帝の本棚シリーズ 《頼んでません編

西の女帝さまより問答無用で貸し出された「頼んでねー」マンガ。
でもなんとか目を通し、感想にこぎつけました!
いくら今市子さんのマンガでも
読めるものと読まめないものがあるもんだな、と実感。

というわけで、読んだのはびーえるマンガです。
苦手な方は回避するよろし。

検索除けのために書名は伏せます。が、こちらです ★★まであともうちょっと
今回のタイトルはそれをモジッたものですが
“感想まであともうちょっと”な感じは否定できません(苦笑)

以下、ネタバレ含みますので隠します。

女帝さまよりお借りするびーえるマンガは、お金持ち設定が多いので
このジャンルは生活に追われていては成し遂げられないものなのか、と
思っていたのですが
ついに出ました、ビンボー! しかも借金しています!
厳密に言うと本人の借金ではないのですが。

その借金を背負わされる主人公・川江
離婚した妻の父親のかわりに1週間旅行代理店を任されたのが運の尽き。

お前のうちの問題に俺を巻き込むのはやめろーっ
1週間でいいのよ! 私もママもお金のことはわからないんだもん

ズルズルと巻き込まれてしまうのでした。
この元妻・小百合ちゃんがイイ性格していまして
いざとなったら私が会社辞めれば退職金も入るし」と言っていたはずなのに
状況がかわるとコロリと宗旨替え。

それを唆すのが金貸し・浅田
金で揉める人間関係もあれば……
借金でがんじがらめに縛りつける絆もあるんじゃないですか?


うわ! なんってことを言い出すんだ?! さすが金貸し!!

思わず寒くなるこの発言。
しかし! これが意外な結末に結びつくのです!
浅田くん…(涙)
そのアタリは原作で確認していただくことにして、とにかく
ああ、こういう愛があってもいい のかなぁ? と思わせてくれる終わり方でした。
奥が深い。

でもまぁ、私は借金が嫌いですけどね。
金で縛る絆っていうのも迷惑としか思わないですよ。
浅田くんの考え方は理解できますけど共感はできません。

それにしてもヤ○ザの寺沢さんや
「借金してまで遊ぼうと思うのがわかんねえ」と首を捻る金貸しのみなさまのほうが
常識的に見えてくる不思議なマンガでございました。

奇天烈なキャラが多かったですよ。
万年お嬢さまな母上とか
そうきたか! な暎子とか
他人に責任転嫁が専売特許の菊池とか。
あとは、や○ざの人たちが面白かった。

私はすべてを見通していた川江の父上がお気に入りです。
って、出てきたの最後の最後じゃん!(爆)

それはさておき、女帝さまの好みもわかってまいりました。
社会人モノがお好きですね?!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

頑張って読んだのね!えらいぞ!!

あなたに貸した本が、たまたまお金持ち設定が続いただけです(笑)
今度は貧乏びーえるを探して送ります!頼まれてないけど、送るから!!

>奇天烈なキャラが多かったですよ。
そうなんですよ。ヘンテコな人ばっかりで、面白いでしょ?

>社会人モノがお好きですね?!
仰る通りでございます……
私のびーえる本棚は、社会人ばかり。学生がいません。

西の女帝さま

別にビンボー設定が好きなわけではないですよ、念のため。
普段はお金持ち設定のほうが好きなんですけどね~。
夢があるから。
けどこの場合はビンボーのほうが笑いがあっていいかも。

やはり社会人のほうがお好みでしたか…
社会人の話って疲れませんか?
私は自分の境遇と違う設定の話のほうが楽しめます。←現実逃避(笑)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking