アイスクリン強し (畠中恵)

『しゃばけ』シリーズでおなじみの畠中さんの新作。
時代は明治。
文明開化で激動の時代を生き抜くために洋菓子屋ががんばる!
お話には違いないのですが…


アイスクリン強しアイスクリン強し
(2008/10/21)
畠中 恵

商品詳細を見る


連作短編てところでしょうか。
時代の変化が激しすぎて価値観がどんどん変わり
それについて行こうとがんばる人と
変化がわからず古い価値観のまま滞っている人の悲喜こもごも。

“チヨコレイト甘し”にはとにかく激怒。
意外にストレスの溜まる1冊でありました。
ふー、これが2009年最初の読書かぁ…(遠い目)
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アイスクリン強し 畠中恵

装幀は大久保伸子。装画は丹地陽子。「KENZAN!」連載に改稿。連作短編集。 明治二十三年、西洋菓子屋・風琴屋を開いた皆川真次郎は「...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking