あさきゆめみし原画展に行ってきた。

こんなイベントが開催中でございます。

源氏物語千年紀記念イベント 大和和紀 あさきゆめみし原画展 (講談社HP)
光源氏と姫たち その幽玄と美の世界

2009年1月12日(月)まで
※1月1日はお休み

会場:ac Salon Omotesando(GALLARY WHITE ROOM TOKYO)
場所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3階 地図はこちら 地図
営業時間:11:00~20:00
料金:無料


ここにジャンプフェスタの後に見に行ってとんだ原画展三昧に。
いや、私が提案したんですけど。
少年マンガ、それも週刊誌で時間と戦うマンガの原画を見た後に
この風光明媚な平安絵巻の原画を見るとは…。

しかしですな、会場がわかりにくいです!
いえ、建物はとても大きいのですぐわかるのですが
GYREという「まさかこれではないだろう」と思うようなブランドがいっぱい入った
(私には)敷居の高いビルの3階でした
しかも看板ないしー。出しといてよ、看板。

だけど、行った甲斐ありました!
予想以上に多くの原画を見られて感激です。
カラーを中心に30点くらいあったでしょうか?
無料なのもウレシイですね。

どれも丁寧で細かい!
なんて根気のいる作業なんだ!!
構図考えて、衣裳デザインして、色も季節感を出して…
私にはわかりませんでしたけど、十二単の合わせる色ってキマリがあるんですよね?
そういうのにも気を配って
裸足だったからこの時代はまだ足袋がなかった? とか調べているわけですよね?
なんと時間のかかる…っ!!

これは情熱がないとできません。
完結させたのがまた素晴らしいです。

カラー以外の原稿は複製だったのが残念。
マンガ部分の描き方が少年マンガとどう違うのか比べたかったなー。
週刊誌だけあってかなり大雑把だったんですよ、ジャンプの原画。
印刷に出ないからここはこうでOK! みたいなルールがありそうだなー。
すごく大胆でした。
描く人の性格にもよるのでしょうが。

あさきゆめみしの原画展を見ながら思い出したのが
『陰陽師』の原画展。
あれもすごかった。
カラーも麗しかったですが、それ以上に力が入っていたモノクロ原画。
黒を基調とした原画の上に
トレーシングぺーパーで白の模様(雪とか光)
さらにその上にトレーシングペーパーでセリフをのせるという
3枚組のページが忘れられません。

やっぱ原画って見るの楽しい。
…ワタシはまったく絵を描かないんですけどねー。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

時間配分

いったいどのくらい時間をかけて1枚を仕上げるのでしょうねー。
しかも、どの原画も大きくてもはや美術品といえる完成度。
素晴らしいとしかいいようがない………!

モノクロ原画、見たかったですね。
特にベタの部分をどう塗っているのか気になる~。

年が明けたら仕事帰りにまた見にいっちゃう予定です♪

ギリギリ間に合うかも!!

わぉ~~~素敵な情報有難うございます♪♪

12日は太一君の【わらべうた】を見に上京するんですが、ここに来て18日に一輝サマがらみで再上京する事になりまして(爆)太一君と引っ掛けようとしたけど財布と相談して浅草諦めたのに………と嬉しいようで非常きキビシイ状況でして。

が!!この原画展、無料なんですね??ラッキーですだ(^_^;)青山劇場終演次第に行って来ようと思います♪♪

昨年夏の【ガラスの仮面展】もそうでしたが、多方面にアンテナ広げてるまるあさんに感謝です(=^▽^=)

なーこさん

この原画展のあと、たいへんお世話になりました…

>いったいどのくらい時間をかけて1枚を仕上げるのでしょうねー。
知りたい!! 書いておいてほしかった(笑)

>特にベタの部分をどう塗っているのか気になる~。
複製だとそのあたりがわからなくなってしまうんですよね~。
でも絶対! きれいに丁寧に塗ってある! と確信しています。

>年が明けたら仕事帰りにまた見にいっちゃう予定です♪
ガンガン行って下さい! こんどは眼鏡を持って!!

ゆかぼんさん

12日に上京! しかも青山劇場!!
それならバッチリです! 歩いても行けます(ちょっと遠いか?)
道路を挿んで表参道ヒルズの斜め向かいのビルの3階です。
あれ? 最終日は早めに終わったりしないよね??

浅草のかわりにこちらで心を慰めて下さい。
って、ここまで来て浅草行かないんですか?! 亀治郎さん出てるのに~。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking