ジャンプフェスタ2009に行ってきた。

休日は予定を詰め込みまくりで連日遊び呆けています。
おかげで大掃除も年賀状も放置です。こりゃ年越せないなー(笑)
そんな私が何をしていたのかをお教えしましょう。


昨年に続き、今年も行って参りました幕張メッセ!
昨年のレポはこちら ジャンプフェスタ2008

ジャンプフェスタとは
週刊少年ジャンプ・Vジャンプ・ジャンプスクエアの3誌が合同で開催した集英社のお祭。
今年は10周年になるとか。…そんなにやっているんですか(驚)
何と言っても原画展が超充実! なので原画展好きとしては行かずにはおられません

今回の同行者はご自分も絵をお描きになるなーこさん。
ジャンプの漫画も読んでらっしゃるし
アニメにも精通しているのでこの上ない相棒です

てなわけで、昨年と違って原画展だけでなくちょっとイベントも見てみました。
しかし“ジャンプ体感ワールド”は整理券がないと参加できないんですね。
っていうか、そもそも子供向けだ…
時間を気にせずのんびり到着した私たちがゲットできるはずはないのです。

あー、そうなんだ。
これを入手するためにみんな開場前に列ぶんですね。ナルホド。
あとイベントをイイ席で見るためみたいですね。
朝イチのイベントがテニプリでしたから。

私たちがたどり着いたときは展示会場への待ち時間はゼロでしたが
長蛇の列の名残が入口に残っていたのです。
そして、まもなくお昼、という時間帯にも関わらず長蛇の列ができていたのが
グッズ売り場への入口!
昨年に引き続き私はスルーですが、ものすごい待ち時間になっていました。
もう待ち時間200分超えたら“○時間”って言っちゃえよ! みたいな感じ。

さてさて、会場内をふらついているとメインステージの巨大スクリーンに
なにやら映像が映し出されています。
それは宇宙からの…ドウノコウノ…7人の老師たちがボールを…ナントカ
は? 7つのボール??
あれ? もしかして実写版ドラゴンボールの予告ですか?!
ちょっと待って! ドラゴンボールの誕生ってそうじゃないでしょう?!
それじゃまるで『ロード・オブ・ザ・リング』…


お、ステージには野沢雅子さんがいらっしゃるようです。
立ち見席に行ってみましょう。
元祖悟空による“かめはめ波”講義を聞きつつも
空腹に耐えかねソッコー退出する私たち。…何をやっているのだ?!

会場に用意された飲食スペースで栄養補給しながら
入場の際にもらったパンフを吟味。
すごいな。この会場のあちこちでいろんなことやっているよ!
そしてグッズの充実たるや!

その合間にコスプレ鑑賞。みんなすごいです。
それ手作り? と思ったらけっこう売っているようです。ほえ~。
お土産買うために列んでいたカカシ先生と
4代目とちびっこナルトのコンビ(おそらく親子)がナイスでした。
あとは連載が終了したのにテニプリ率の高さに驚き。
どうやらイベントがあったためだと思われます。にしても多かった~。

その後も会場をウロウロしていると様々なイベントに遭遇。
どっかの企業のブースで『ONE PIECE』イベント
ルフィ(田中真弓)、ナミ(岡村明美)、ゾロ(中井和哉)
ウソップ(山口勝平)、フランキー(矢尾一樹)、ブルック(チョー)
のみなさまが勢揃い?
えと、見たんですけど、誰が誰だかわかりませんでした…
さすがにルフィは分かるんですけど。
ラブーンのイラストを描いて一番上手い人を選出していた最中で
落選した人が罰ゲームの場面。
「雄叫び」をする「お相撲さん」を引き当てた男性が雄叫んでました(笑)

メインステージでは『NARUTO』のイベント
なんとこちらには原作者の岸本斉史さんがご登場!
若い! しかも“NARUTO”のイメージからは想像できない可憐な感じ。
可憐てなんだ、可憐て。
でもなんかあの熱血な物語とは違うおぼっちゃんな風情だったんですよ。
もちろん声優さんもいます。
ナルト(竹内順子)、サスケ(杉山紀彰)、カカシ(井上和彦)
サクラ(中村千絵)、自来也(誰?パンフではシークレット扱いでした)
あれ? 誰か忘れてる?? なんか足りない気がする~。

ナルトが司会進行を兼ねていて(もしかして慣れている?)
カカシ先生はそれをまぜっかえす役(爆)
サスケはおお振りの高瀬準太役の人でした。ああ、そうなんだ…
この方、高瀬の時も思ったけどやっぱ原作読み込む人みたいで
サスケ目線で原作を分析していて好感度大、でした。

到着したのが遅くてラスト5分くらいしか見られなかったのが残念。
でもすっげー盛り上がりました!
ラストはそれぞれのキャラの必殺技で締め。
練習でカカシ先生の無駄にカッコイイ「石狩鍋!」で笑いもとりつつ(笑)
サスケが腹から発声したときの声がカッコよかった!
サクラちゃん「しゃーんなろ!」は必殺技ではないと思う(爆)
そして会場全員で「螺旋丸!」 たのしーね、こういうの

このNARUTOイベントで会場を後にしたのですが
もちろん原画展はじっくり見て参りました!

昨年見られなかった小畑健さんの原画もあって満足。
ただ『バクマン。』はまだ読んだことないんですよねー。
それでも原画を見るのに支障はないんですけど、知っている方が楽しめますから。
『ヒカルの碁』完全版1巻の書き下ろしカバーの原画もあったのは嬉しかった!
麗しいです。でもこの絵は原画まで遠かったです。もっと近くで見たかったなー。
第1巻は1月5日発売。

ONE PIECE』は昨年の連載10年記念に比べたら少なめでしたが
“つながる背表紙超ロングイラスト”が!
なんと昨年一年間の雑誌の背表紙で!! 4つの絵になって!!!
春夏秋冬も描き分けられ、メンバーたちが楽しんでいる様子が描かれています。
しかもたいていなにか食べている…(笑)
今年はNARUTOだそうなので、これまた面白そうです。

昨年ここの会場で「知らないマンガが多すぎる」と実感したので
再び訪れる1年の間に『リボーン』と『NARUTO』を読みました。
あと完結記念にテニプリを。まだ途中ですけど。
こんなことだけやけに熱心な私…

リボーン』は人気ですね。原画の前がいつでも長蛇の列。
何人たりとも我が眠りを妨げる奴は許さぬ」的なことを言いながら
むっくり起き上がった雲雀さんが見られて眼福です。
痛くないのか、その寝床。

個人的に一番狂喜したのが『NARUTO』。
読んだ記憶も新しいし、自来也祭でしたから!
ああ、偉大な人を失って涙を禁じ得ません。
それに来年連載10年を迎えるということで10周年記念の企画が充実
描き下ろし屏風とか
下書きから完成までの描き方講座とか
1話まるごと原画展示など。
来年の連載10年企画が楽しみです。←行く気マンマン?

ジャンプスクエアも1周年てことで昨年より原画の数が増えていました。
が、週刊には負けますね。だって…
なんと週刊少年ジャンプは40周年を迎えたらしいですよ!
それを記念してアイシールドを描いた人(名前失念)が特大ポスターを描いたらしい!
その原画も展示されていたのです。

このポスターすごいよ!
4枚もあるのがまずスゴイ。
そして新旧取り揃えたあらゆるマンガのキャラが描かれている。
それもペンタッチを作品ごとにかえて。
さらにキャラを生かして。
で、ポスターとして楽しめるようになっている。
細かいところも凝りに凝っている! Lを見つけたときはトリハダがたちました。

ああ、楽しかった~
かなり歩いてすでに足がダルかったのですが
さらに移動して原宿へ!

えと、すでに長すぎるので続きは後日。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

良いですね~

ジャンプフェスタ行かれたのですか~。
最近はあんまり読んでませんが、マンガもアニメも好きなんですよ私。
なので、ジャンプフェスタ1度は行ってみたいと思ってるのですが、ずっと行けずにいます。
幕張メッセも近いし行こうと思えば行けるんですが。なかなか…(^^;

でもやっぱり面白そうですね。次は行ってみようかなって思います♪

充実原画展!

すっごい楽しかったですね~!
原画がこんなに多く見られるのって滅多にないからオドロキ。
週刊誌ならではのパワーをひしひしと感じました。

実写版ドラゴンボールは、見た目からしてなんか違うような気が…(笑)
いったいどんなストーリーになっているのじゃ?

テニプリ(特にブン太)率の高さにはびっくりでしたね。
作者さんも参加したテニプリイベント、ぜひ見てみたかったな(笑)

>『NARUTO』のイベント
>あれ? 誰か忘れてる?? なんか足りない気がする~。
え?ほんとに??私も思い出せないなー。

岸本先生は好青年って感じでステキですよね。
以前本のインタビューで見た時はもっとかわいらしい方だなーと思ったけれど
実物はよりお育ちがよさそうな感じ。(←どんなだ 笑)

自来也祭な原画たち、素晴らしかったですね!
大好きな42巻&見開き表紙を生で見ることができて嬉しい!!!
やっぱり原画は色がキレイだし、すごい迫力だー。

>アイシールドを描いた人(名前失念)が特大ポスターを描いたらしい!
この原画、言葉じゃ表せないくらいすごかったですね!
いったいどれだけ時間かかったんだろ…。
そしてジャンプキャラに対する愛が溢れてる~。

小畑先生の原画も麗しかったですね。もはや神業!

卯月さん

>最近はあんまり読んでませんが、マンガもアニメも好きなんですよ私。
そうですか! ではぜひジャンプフェスタに行ってみてください!!
知っている作品があるうちに(笑)
やはり作品を知っていると楽しさ倍増です。
きっと来年も開催されるとおもうのでぜひに! まわしもんか、私(笑)

なーこさん

>原画がこんなに多く見られるのって滅多にないからオドロキ。
すごいでしょう! ←ワタシが威張るな(笑)
これが無料! というのも太っ腹ですばらしいと思います。

>実写版ドラゴンボールは、見た目からしてなんか違うような気が…(笑)
それは言わない約束よ(爆)
ブルマがヒロイン扱いっていうのもビックリ。

>作者さんも参加したテニプリイベント、ぜひ見てみたかったな(笑)
参加したの方のレポを読んだらすっごい面白かったみたいですよ!
イベント中に新連載のタイトルが決まったとか
声優さんたちによる新連載ストーリー予想とか
うーん。ちゃんとイベントにも参加したら面白そうだ。

>>あれ? 誰か忘れてる?? なんか足りない気がする~。
>え?ほんとに??私も思い出せないなー。
あと一人いたような気がするんですけど…なーこさんもわからないなら
私の気のせいかなー。

>実物はよりお育ちがよさそうな感じ。(←どんなだ 笑)
そうそう、そんな感じ!
作品から想像できる作者像とギャップがあるんですよ!

>いったいどれだけ時間かかったんだろ…。
>そしてジャンプキャラに対する愛が溢れてる~。
ジャンプが好きなんだなー読み込んでいるんだなーというのが分かりますよね!
あの根気! 凄すぎます!!

>小畑先生の原画も麗しかったですね。もはや神業!
ほんとに!
できることならデスノートの原画も見てみたかった~。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking