タイタニア 第11話

やぁっと動き始めました、ファン・ヒューリック。
ここまで長かったな~としみじみしました。
やっぱ主役が動くと格段に面白くなりますね!


第11話 ヒューリックの決意

久々のオムレツ登場です。
どうやらおいしかったらしく二日酔いなのにヒューリックはぺろりと完食。

その間に顔色のオカシイ(内臓悪そう)ちょび髭のオッサンが
このホテルを買収して新しいビルに立て替えることが明かされます。
お客がいるっていうのに「この辺を~」とでかい声で話し始める感じの悪いオッサン。
コイツ、タイタニアの人なの?
どうやらタイタニアは不況に関係なく羽振りがいいようです。羨ましい…。

正直じいさん号は不況の煽りをうけて、というか
いろいろ攻撃を受けてミランダが思わぬ出費に頭を痛めています。
材料も人手もお金も不足じゃ、と。

そんなことよりドクター・リーが気にするのはヒューリックの動向。
歴史の変革をこの目で見てみたいだけだ」とヒューリックを完全マーク。
でもなかなか動き出さないので
タイタニアに怒りを感じてくれればけしかけ甲斐があるのだが」とヤキモキ。

ごく私的なものでもいいから激烈な怒りや憎しみがあれば
それが変革への起爆剤になる


うわ、なんか物騒なことをいい始めましたよ。
変なことを言わないでいただきたい!

起爆剤になってくれそうなアルセス(爆)
残酷さの中には美しさもある」なんて狂ったことを言っていますよ。
そうかもしれないけど、その美しさは悲しさと表裏一体なので
あんまりオススメしないぞ…
うぉぉ~「ヒューレン」を久しぶりに聞いた~。サブイ~。
ほんとヤだ。この言い方。

あやうい美学の持ち主のアルセスとは対極にいるリラ
「ヒューレン」と聞いて大笑い。
おお、リラ! その啖呵ステキだ。でも状況わかっている?
君はとっ捕まって命運を握られているんだぞ。
そして目の前には肉食の魚! 突き落とされたらおしまいだぞ。

そのころ、世間ではリラがタイタニアに“公開処刑”されるというニュースが。
それを知ったヒューリックが罠と知りつつ助けに行くと決意
とてもいい場面なんですが、それどころではない私。

笑われたアルセスが「せいぜい餌になってもらおう」と捨てぜりふを残しながら
プールに芋虫投入。食われる芋虫。
こんなシーンを見せられたら
…これはリラも食われると言う予告? 公開処刑ってこれ??
と一気に妄想が飛躍してしまい、このあとはビビリながらみるハメに。

そのアルセスを陰で操っているのはイドリス
前回の段階では手を組んだのかと思ったのですが、そうではなく
イドリスが一方的にアルセスを利用しているだけなんですね。
存外甘チャンなアルセス。
しかしそれがわからない公爵たちではありません。

まずはザーリッシュが怒鳴り込みますが、たったひとつのイヤミで退散。
ええい! ほんとーに駆け引き下手だな、ザーリッシュは!!

ジュスランアリアバートもイドリスの悪趣味さと狡猾さに気付いていますが
止めようとはしません。
止めようよ、公開処刑なんて文明人のやることではないぞ。
テレビで中継するつもりなんでしょ? サイアクだよ。

姫さまがケーキを食べながら「自分も同じ人質」って言っていますけど
状況と環境がまったく違う!
アンタは自分から来て、ケーキのおもてなしがあるじゃないか!
リラは監禁だぞ。
ヒューリックをおびき寄せるためだけにムリヤリ連れてこられたんだぞ。
公開処刑が待っていると言われているんだぞ。
どこが同じじゃ!
あまりの温度差にイラっと来てしまった。すいません。

マイ主人公ヒューリックサイドでは
とま、こんな感じかな」という言葉で作戦会議終了。

ミランダ:いいんじゃない?
ワレンコフ:提督らしい作戦ですなあ。
パジェス:人を怒らせるのは提督の得意技ですからねえ。

と賛辞の嵐。若干誉めていないコメントもあるみたいですが気にしない!
どうやらヒューリックの個性が溢れるステキな作戦みたいですよ。
ワクワクしますね。
でも人手も資金も不足しているのがネック。
ですが「足りないものは現地調達」という言葉にドクターが動き始めました。

この人、船団(この漢字?)を持っているらしいですが
今回は動かす気はないそうです。自分は参加するくせに。よくわからん。
パルチザン? 自由エーメンタール軍? に連絡。
へぇ、ほんとに心当たりがあったんだ。口だけじゃないんですね、ドクター!

資金の方はマフディーにおまかせ!
正装したマフディーくん、なんと賭け事がお得意でした!
それもイカサマ上等な方向で。見直しました(笑)

それを見つめるミランダとヒューリックに教授するパジェス
意外にスレているんだなぁ。
その後も情報操作もお手のもの。お役立ちです、パジェス!!

資金も無事に確保してこれで出発できます。
ミランダが浮かれていておかしい。
そしてカモにされたちょび髭のオッサンはホテルの買収どころじゃなくなり
人知れずイイコトをした我らがヒューリックと仲間たち。
おお、面白くなってまいりました。

さて向かうはエーメンタール。
待ち受けるのはパジェスの情報を鵜呑みにしているアルセスとベルティエ大佐
ヒューレンではなくヒューリックです。閣下」と慇懃に訂正しながら
指揮権を獲得して張り切るベルティエ。
うむ。お手並み拝見じゃ。と鷹揚に構える私。

ですが、今週ここで終わり~。うわーん、盛り上がってきたのに~!!

リラの運命や如何に?!
ここで気になるのがエンディングなんですが
リラとヒューリックはすれ違ってばっかりなんですよ。
届きそうで届かない手、とか
いばらに巻き付かれたリラ、とか
どうにも不吉なイメージばっかりの絵で…

加えて今回のドクターのセリフ
ごく私的なものでもいいから激烈な怒りや憎しみがあれば
それが変革への起爆剤になる

ですよ。
うお~、怖い~。


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking