オリンポス 1巻 (あき)

女帝の本棚シリーズ

女帝さまがお持ちだということで「貸すよろし」とおねだりして
お借りしたマンガ。
憂いのある麗しい絵です。

帯に 優美で残酷
とデカデカと書かれた神話をモチーフにしたマンガ。
確かに“優美”で“残酷”でしたよ。

さらに付け加えると“ムカツク”でしょうか。

ナニサマだ?! と思わず握りこぶしを震わせてしまうような言動を
繰り返すお方がいるんです。
ナニサマって、神さまなのでなんの文句も言えないんですけど…

神さまのおっしゃりようは
まさにその通り」という部分と
意義アリ!」と挙手したくなるような暴言の連続。
くそう。神さまが相手では何も言えぬ~。

囚われの身のガニュメデスのやさぐれっぷりも納得です。
神さま相手に反抗しても笑われるだけなんだなぁ。
しかし「暇つぶし」に攫われて、生かされているだけってのは拷問だよね。
ガニュメデスはいったいどうなってしまうのか?!
ハーデスも参戦してくるようなのでますます不憫な状況になりそうだ…

不老不死って微妙だよなぁ。
不老はありがたいけど、不死はメイワクだと思うワタクシなのでした。


オリンポス (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)オリンポス (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2008/09/25)
あき

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

永遠に死ねないというのは、しんどいと思います。

>さらに付け加えると“ムカツク”でしょうか。
ムカツクよね~神様、横暴だもん!!
神と人間はモノの考え方が根底から違うみたいだから、
ガニュメデスとアポロンが分かり合える日が来るのだろうか??

そして神が人々を導く光り輝く善な存在というのは、
人間が勝手に作り出した幻想なのかな~と。
このマンガを読むと思ってしまう。

今後も鬱展開になって行きそうな予感がするマンガだよね~
ガニュメデスが本当に不憫(泣)

西の女帝さま

>永遠に死ねないというのは、しんどいと思います。
ですよね~。
しかも何にもすることがないっていうのがまたツライ。
よく発狂しないな~、ガニュメデス。

>ムカツクよね~神様、横暴だもん!!
ムカツキますよね!! よかった、そう感じるのが私だけじゃなくて(苦笑)
考え方・価値観が完全に違う人と神。
両者が歩み寄る日が来るのかどうか?! …そういう話なのだろうか??

>神が人々を導く光り輝く善な存在というのは、人間が勝手に作り出した幻想
かもしれませぬ。
神は人間に試練を与える存在らしいですよ。
仏は慈悲をくれるらしい。
その昔読んだ『宇○皇子』にそう書いてありました(笑)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking