金田真一耕助之介の冒険 (劇団☆新感線)

地味に積読していた本書。

新感線の舞台『犬顔家の一族の陰謀』のパンフとセットになっていた文庫です。
観たのは2007年の夏なので約1年熟成していたわけですね(苦笑)

デザインはかつての角川文庫(そうとう前)を踏襲して
製本の仕方も同じ
しおりも凝っていて(もちろん角川文庫のしおりの真似)
宣伝ページは笑いがいっぱい。

小説が中心でマンガもアリ。
基本は『犬神家の一族』をベースにした
『犬顔家の一族の陰謀』で誕生した金田真一耕助之介の物語。
だけど内容はバラエティに富んでいます。
そして執筆陣が豪華!
ふだん読むことのない作家さんばかりでおもしろかった。


メイド荘の惨劇 (中島かずき
タイトルは本家の『迷路荘の惨劇』のもじりですが、内容は…
メイド荘の惨劇でしたね(笑)
あーでも情報の行き違いによる悲劇は本家でもよくあることなので
そのあたりも踏襲しているのでしょうか?
※言わずと知れた新感線の座付き作家。

金田真一耕助之介vs食人オカヤマ族vs黄金パンダ (戸梶圭太
…元ネタがよくわかりません。
トンデモ話でした。オカヤマ族が不気味すぎる~。
※初めて読んだ戸梶さんの小説。こういう作風の人、じゃないよね?

恋の呪文はスケキヨヨキケス (米光一成
タイトルは『さすがの猿飛』のテーマ曲ですね。
えーっと、これはびーえる風味でした。つか、まんまびーえる?
でも『犬神家の一族』に対する考察は興味深く拝見いたしました。
※本業はゲームクリエイターなんですか!

静まれ!静馬くん!!外伝 決戦☆犬神忍軍vs 金田真一耕助之介 (おかゆまさき
…外伝??
静馬以外のキャラ(佐清・佐武・佐智・金田真一耕助之介)が女の子に!
どいつもこいつも静馬にめろめろ。これがモエ系ってやつ?
意外なことに小説のなかではこれが一番おもしろかったという事実(笑)
※ライトノベル作家。代表作:ドクロちゃん

トランプ台上でクビ (大倉崇裕
タイトル、読み終わってから「ああ!」と納得。
「そんなこともあろうかと」の応酬がだんだん愉快になってきた。
※いつか読むリストに入っている作家だ! ここで読めるとは…

珠世の戸惑い~事件の陰で~ (ほしよりこ
わはは。オトメだな、珠世ちゃん。妄想炸裂。
これはありそうだな~。
※代表作:きょうの猫村さん

短歌 悪魔の壁新聞 (笹公人
白の頁のほうがおもしろくて好き。
※歌人にしてミュージシャン。そして槍の名手の末裔? なんだこの人…??

珠世の憂鬱 (うめ
これがマンガでは一番おもしろかった。
まさかの珠世と猿蔵でした。
原作の金田一の発言を確認したくなった(笑)
※男女ユニットの漫画家。

太神家の一族 (喜国雅彦
玄孫まではついていけた。けど
来孫(玄孫の子)? 昆孫(来孫の子)?? …もう無理~。
※漫画家。初めて読んだ~。

解説 (大森望)
うわ。解説が『メッタ斬り』の大森さんだ!! 本格的(爆)
空気を読んだ解説でこれまたナイスでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking