阪急電車 (有川浩)

“図書館戦争”シリーズの有川さんによる
阪急今津線沿線を舞台にした連作短編恋愛小説

これ、めちゃくちゃ面白い!!

あまりの面白さに久々に一気読み
舞台が関西の電車なので私には全く馴染みがないのですが
知っている人が読んだらまた感動もひとしおなのではないでしょうか。

わずか8駅。
その間で出会ったり、別れたり、ドラマが生まれます。
利用者の数だけドラマがあるのだ!
それを優しく見守る(?)今津線。

恋愛小説ではあるのですが、それだけでなく
生き様と言うか哲学と言おうか
いろいろ戦っている人たちが描かれています。
頑なな、潔癖な面がある人々に共感すること請け合い!
語られる人たちはとても清々しくキモチのいい人たちばかりです

前半と後半で折り返す趣向が嬉しい
アフターケアもばっちりな短編集。
短編集だけど長編といってもいいかもしれません。
恋愛小説だからって尻込みしていたのがウソのようなノリノリ読書になったのでした。


阪急電車阪急電車
(2008/01)
有川 浩

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking