いっぱい盆が回った:舞台 黒子のバスケ

チケット抽選で外れて
早々にライビュでいいや~と諦めていたのですが
友達が譲渡で見つけてくれたので急遽アイアへ。
「明日の夜公演行ける?」という唐突さでしたが(笑)

そんなわけで
すでにライビュのチケットも入手したうえで
アイアでも観ることができました。

しかしあまりに急だったため見返して復習する余裕がなく
ゾーンに入った状態の演出楽しみだなー
と大きなカンチガイをして劇場で待ち構えていたのでした(苦笑)

まだそこまで話が進むわけがなかった!

以下、アイアで観た感想とライビュを観た感想が
入り混じっています。


舞台 黒子のバスケ OVER-DRIVE

観劇:2017年6月27日・火(15列下手)&7月17日ライビュ
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

脚本:竜崎だいち
演出:中屋敷法仁

誠凛高校
黒子テツヤ:小野賢章
火神大我:安里勇哉
日向順平:牧田哲也
伊月俊:松井勇歩
木吉鉄平:河合龍之介
小金井慎二:阿部快征
土田聡史:鍛治本大樹
相田リコ:田野アサミ

海常高校
黄瀬涼太:黒羽麻璃央
笠松幸男:松村龍之介
森山由孝:和合真一
早川充洋:平野宏周

秀徳高校
緑間真太郎:畠山遼
高尾和成:山田ジェームス武
大坪泰介:Spi
宮地清志:上原一翔

桐皇学園高校
青峰大輝:小沼将太
今吉翔一:林明寛
若松孝輔:松藤和成
桜井良:赤楚衛二
桃井さつき:杉ありさ

霧崎第一高校
花宮真:太田基裕
瀬戸健太郎:増山祥太
古橋康次郎:石賀和輝
原一哉:田中穂先


そんなわけで勘違い甚だしい観客だったわけです。

木吉が復帰して、合宿から始まるのか。
あ、伊月、黒髪にしてくれたんですね。
アイアでは明るい髪色で
キャスト変更した伊月と新キャストの木吉、どっちだ?!
と惑う原因だったので(不甲斐ない)
ライビュでは黒髪にしてもらえて良かったです。

うんうん。偶然、秀徳と同じ宿だったんだよね。
覚えているぞ。思い出してきた。
と油断したところに次の展開。

えっ! 海常と桐皇が試合?!

んんん? なにそれ練習試合??
と首を傾げていたら黒子が「インターハイ」と教えてくれました。
イ ン タ ー ハ イ !!
そうかー、インターハイってこれからだったのか(苦笑)

ダメだ、思い出せてないっ!
余計なこと考えないでただ見ていよう。

あー、そうか。
黄瀬が青峰を憧れの対象として見るのをやめて
立ち向かう試合ですね。

あらやだ、黄瀬カッコイイ。
青峰のコピーやってみるって宣言して
それを信じて託す先輩たちもカッコイイ。
ヤル気になった後輩を信じて待つ先輩っていいですよね。
よかったね信じてもらえたよ黄瀬~。

けどその決意の表情を見せない演出はどうなんだろか。
どうせなら表情も見たかったな。
原作でも描かれていないのだろうか??
だとしても役者としては見せ場だから正面向いてくれた方が嬉しかったな。

対して黄瀬の能力をもってしても
青峰が最強であることを信じる今吉。
こっちの先輩もデキる後輩を信じていいですね。

どっちもウチの子が一番と信じる家族みたいだ(笑)

最後の黄瀬の選択は決して間違いではないと思います。
青峰は何か言っていましたが
青峰のプレイにチームプレイが加われば最強になるってことを
後々誠凛が証明してくれるので黄瀬は落ち込む必要ないぞ。

だけどまぁ敗戦には違いないので落ち込むんですよね・・・

ここでの笠松の慟哭は
ライビュではアイアで観たときより短くなっていたような気がしました。

そしていよいよウインターカップ突入です。
えっ! 秀徳と対戦するんでしたっけ?
しますね。ええ、引き分けです。思い出しました。

負けたり壁にぶつかるたび新技を会得する誠凛、というか黒子。
このあたりバトルマンガっぽくて技名覚えるの苦手だから苦労しました(笑)
未だに技名は覚えられません。

青峰に負けてから何を会得したんだったかな~。
思い出せないうちに正解が舞台上で披露されました。
消えるヤツ(言い方)。
いや黒子の技は基本消えるんだったな・・・
消えるドリブルですね。
そうだ、そうだった。
その演出はナルホドでした。うん。それは見えない!

そして今回最大の見せ場、霧崎第一戦。

このチームは・・・
スポーツマンとして何かが不足していて
完全に踏み外しているので今までは応援することは無かったんですが
舞台ではちょっと違いました。

花宮を演じたのがもっくんだったのが高ポイントでしたね。
悪役を演じているのを見たことなかったんですが
楽しそうで良かったです。

アニメとは違う花宮像でしたがこういう花宮もありかな。
アニメより繊細に思える花宮でした。
あとなんかエロい。
なにがどうエロいのかは説明できませんがエロかったです。
手段のために目的を見失っているのは同じでしたけど(笑)

あと霧崎第一のチームメイトは名前を見ただけではピンと来なかったんですが
実際に観たら「あーいたいた!」と思いだせる再現度。
チームワークも良くて強そうで素晴らしかったです。

舞台オリジナルな役作りだった花宮とは対照的に
アニメに寄せてきたのが木吉でしたね。
声が似ていて驚きました。
あとカーテンコールでのサービス精神に驚きました。
めっちゃカメラにアピールしてくれてライビュで万歳でした。

オープニングダンス、今回もあってよかった。
好きなんです、ストプレでのオープニングダンス。
出番が後半のひとも確認できるし利点も多い。
キャラメルで演劇人生スタートさせたので懐かしい気にもなります。

黒ステは登場人物が多くて万遍なく観るのは難しいので
観たいとこだけ観ています(笑)
エンディングにも踊ってくれるので
アイアとライビュ合計4回観ているのに
ほぼ同じとこ観ているのもどうかと思う。

つい見ちゃうのが
リコと黒子
あと木吉も観るんですが気がつくと黒子に目線が・・・前列だから?
海常では笠松
秀徳は緑間と高尾
霧崎第一はもっくん

桐皇は今吉、なんですが
途中で青峰が大して動いていないのに王者感出していたのに気がついて
なにそれ強そう! ズルい!!
と笑いを堪えるのに苦労しました。

脚本が前回と違うひとだったので覚悟していたんですが
演出もなんだか違う・・・(同じ人なのに)?

なんか早口だったのが気になりました。
リコとか黒子あたりの滑舌がいいひとたちは
早送りボタン押しちゃった?
と思ったくらい。
ライビュでは映像だから特にそう感じた。

と、まあとりとめもなく続けましたが次が最後です。

アイアで観たときに盆が回るのに驚き
(ほかの演目でも回るの見たのに毎回驚く)
かなりの回数、盆が使われたのが気になったので
ライビュで数えてみました。

15回までは確認しました。

15?! 多くないか??
道理でやたら回っている気がするわけだ。
実際たくさん回っていたらそら気になりますよね。

霧崎第一との試合が始まると内容に集中してしまったので
数え損なったとこもあるかもしれません。
が、第二幕ではあんまり使われていなかったような気もしますね。


さてさて続編はどうなるんでしょうか?
カーテンコールでは「言っちゃだめかもしれませんが」と前置きして
「続編やりたい!」と言っていたので
具体的には決まっていないのかもしれませんが期待しています。

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking