たぶん天使:君が人生の時

舞台に立つ坂本くんを観てみたくて取ったチケット。
つまり完全に役者目当てだったわけですが
思いのほか楽しめたので観られて良かったです。

踊らない歌わないガッツリなストレートプレイ。
(厳密には歌う場面がちょっとありました)

今年は翻訳劇率が思いがけず高くなっている・・・
予想外!


君が人生の時

観劇:2017年6月17日・土(2階2列上手)
会場:新国立劇場 中劇場

作:ウィリアム・サローヤン
翻訳:浦辺千鶴
演出:宮田慶子

坂本昌行
野々すみ花
丸山智己
橋本淳
下総源太朗
沢田冬樹
中山祐一朗
石橋徹郎
枝元萌
瀬戸さおり
渋谷はるか
RON×II
かみむら周平
林田航平
野坂弘
二木咲子
永澤洋
寺内淳志
坂川慶成
永田涼
一柳みる
篠塚勝
原金太郎
木場勝己

舞台はサンフランシスコの波止場の外れにある、安っぽいショーを見せる
ニック(丸山智己)が経営する場末の酒場。
そこには様々な事情を抱えた客がやって来ては去っていく。
ピアノの名手、ダンサー、港湾労働者、哲学者、警察官、娼婦……。
誰もがそれぞれの想いを抱えながら酒を飲み、本音をポツリと語り、
時の流れに身を委ねる。
若く美しい放浪者のジョー(坂本昌行)は
いつからかこの店にやって来て
毎日朝から晩までシャンパンを飲んで過ごす不思議な男だった。
この店で出会いジョーの弟分となったトム(橋本淳)は、
客の一人、自称女優の魅惑的な女性キティ(野々すみ花)に恋しているが
思いを打ち明けられずにいた。

公式HPより


マジか!
このあらすじ、ちゃんと読まずに
坂本くんが放浪者って設定だけ把握して観て来たんですが(笑)
てっきり坂本くんが野々さんと恋仲になるんだとばかり・・・
そっかー、違うって予め教えてくれていたんですね。

放浪者って聞いていたから
鉄郎みたいな恰好だと予想したらこれも違った!
スーツだよ! カッコいいよ!!
ありがとうございます(?)

スーツ着たカッコイイ青年ジョーは
新聞売りの少年から売れ残った新聞全部買い取ったり
突然おもちゃをトムに買いに行かせたり
キティのためにホテルを用意したり
トムに銃を買いに行かせたり
やたら羽振りがいい。

どこかの御曹司なの?

相手の話をひたすら聞く役でジョーの個人的なことは
あまり話さないので事情がわからないんですが
どうやら予知能力がある(ように見える)ので
万馬券を当てたりして生計を立てているらしい(これで正解なのか?!)。

ジョーの凄いとこは相手の言うことを肯定して
どんな話も否定しないとこですね。
いやそれどう考えてもウソ(盛ってる)でしょ? って内容でも
決して否定しないで頷いて聞いてくれる。

なんで? ジョーには何か見えているの??

一見、無秩序に思える買い物も後々必要になる品々なので
やはり予知能力が・・・

そして意外とお節介(笑)
トムの恋路を手伝ったり、就職口を斡旋したり
店に来たひとに話しかけたり、身の上話や夢を聞いてあげたり
積極的にヒトと関わろうとしていきます。

語られなかったけど
足を悪くしたのも誰かを助けようとしてとか、庇ってとか
そういう理由なのではないかと思いました。

予知能力と、どこまでもヒトに優しい感じ
もしかしてこのひとは天使なのでは?
と割と本気で考えるようになりました。

しかしまさか銃を構えて発砲しようとするとは思わなかった。
確かにアイツは腹立たしいキャラだったし
殺されても仕方ないキャラだった。
けどまさかジョーが手を下そうとするとは・・・

ま、弾丸は出なかったんですけどね。
不慣れなジョーは銃を扱いきれなかった。
でも引き金を引いたから、まさか?! とビックリしました。

その後の展開が割と怒涛で
憎たらしいキャラが店を出てから誰かに射殺されて
大騒ぎになったのには

ジョーが引き金を引いたあの弾が時空を超えてアイツに当たった?!

とSFなことを考えました(飛躍し過ぎ)。
いやだって私の中ではジョーは天使だったし
天使なら時空を歪めるのも可能なのかな? と思ったんですよ。

もちろんそういうことではなく
ホラ吹きだと思っていた爺さんが言っていた
「人を殺したことがある」が真実で実行犯なんだろうな・・・

そして大事な銃を無くしてしまった爺さんに
手元の銃をプレゼント。
このために銃を入手しておいたのか、予知成就。

周囲に幸せをプレゼントして去っていくジョー。
春の訪れを知らせる妖精のようなジョー。

ん? 天使じゃなく妖精だったのかな?

次の町でまた周囲を幸せにするんだろうな~。
直接幸せにすることも
影響を与える触媒のような働きをすることも自在!
だったので
天使とか妖精とか人間以外なのかなと解釈しました。
まあ個人の感想です(笑)

ジョーにばっかり注目するとこんな塩梅ですが
それ以外のひとに注目すると
割と普遍的、現代にも通じる悩みやできごとも語られるので
共感できる部分も多かったし
第二次世界大戦中の話なのでかなり不穏な空気で
そこらへんに思いを馳せることもできます。

見応えのある舞台でした!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking