ナルステはナルミュに生まれ変わったようです:『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~

追加メンバーやインタビューから
歌う場面が増えそうだな、とは思ったんですが
まさかこんなに歌うとは・・・っ!

ミュージカル苦手な人は困惑したんじゃないでしょうか?
そしてミュージカルだったら観たいというひとを取りこぼしてはいないか
不安になりました(大きなお世話)


ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』~暁の調べ~

観劇:2017年6月1日・木(11列下手より)
会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

脚本・演出:児玉明子

うずまきナルト:松岡広大
うちはサスケ:佐藤流司
春野サクラ:伊藤優衣
はたけカカシ:君沢ユウキ
ヤマト:藤田玲
サイ:北村諒
薬師カブト:岡田亮輔
綱手:大湖せしる
鬼灯水月:萩尾圭志
香燐:七木奏音
重吾:山口智也
干柿鬼鮫:林野健志
デイダラ:辻諒
トビ:片山浩憲
大蛇丸:悠未ひろ
うちはイタチ:良知真次
白崎誠也
寒川祥吾
宮川連
野間理孔
松林篤美
知念紗耶


生演奏ステキだった!
和太鼓に胡弓??
ナルステの世界観にあっていてうっとり~。

それにしても歌いましたね!
イタチ兄さんはセリフより歌のほうが多かったんじゃなかろうかと
思うくらい歌いました。

内容は20~30冊分? 一気にまとめたから
ダイジェストなのは仕方ないですが
味わいが足りない~。
あと説明セリフは歌わないほうがいいんじゃないかと思いました。

あっという間に我愛羅が助けられるし(我愛羅の登場はナシ)
カカシが体力回復するまでヤマトが活躍してカカシ先生の出番少ないし
サイは思いのほかサイでカワイイし
大蛇丸はあいかわらず大蛇丸だし
カブトは初演より出番が増えている気がする。

前回同様、衣装とカツラがいい仕事していて
キャラの再現度はすこぶる高いんですが
出番が少なくてもったいないキャラが多いんですよね~。
もっと少しずつ舞台にすればいいのに。

今回は
『NARUTO』~暁の調べ~と言うより
『SASUKE』~うちはの調べ~って感じでした。

とにかくサスケとイタチの話ばっかりだった印象。
あとサイと兄ちゃんの絵本の話に時間を割いていたかな。
今回は兄弟の話! ってことなのかも。

おかげでナルトの印象も薄いんだもんな・・・
それってどうなのよ?
まぁラストの歌で
ナルトが主役だったんだわと思い出せたから良かったですが。

イタチ兄ちゃんは元気でした(笑)
よく歌うしね。
歌う兄ちゃん、割と好きでした。
ラストにサスケに対してデレたのが良かった!

カーテンコールでイタチがちょいちょいと小さく手招きして
それを見たサスケが一瞬ひるんだ後、黙ってついていく感じ!
すっごく兄弟っぽかった!!

鬼灯水月と香燐と重吾はもっと出番あったら良かったのに。
せっかくみんないい感じだったのにホントもったいないな~。
サスケのこと大好きなの伝わってきた(笑)

暁に関しては原作読んだときなんか苦手で
あんま覚えていないんですが
これで終わり? じゃないですよね??
そもそも自来也不在で終われるエピソードじゃないと思うんですが
続編があったりするんだろうか?

せっかくミュージカルを前面に出してきたんだから
ラスト全員で大合唱する曲があってら盛り上がりそうなのに
無くて不完全燃焼でした。
聞きたかったな、みんなの歌。

 
セットにセリがあってちょいちょい使われたんですが
キュルキュルと動かす音が聞こえたのが気になりましたね~。
曲をかけるとか聞こえにくくする工夫があればいいのに。

けどデルフィニアでもそういう瞬間があったから
あんま気にしない演出家なんでしょうね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking