原作に忠実だったと思う:舞台 黒薔薇アリス

カレー食べて、DVD観た後に向かったのがブルーシアターでした。
友達が入手した招待券のおこぼれを与って急遽観劇です!

舞台化が決まった時点で原作は読んでいたんですよ、実は。
『脳内ポイズンベリー』とか『放課後保健室』の水城せとなさんのマンガです。

読み終わった感想が
「・・・これを? 舞台に??」という戸惑いが大半を占めていたので
チケットは入手しないままでした。

気にはなっていたので喜んで参上!


舞台 黒薔薇アリス

観劇:2017年5月14日(日)17時(5列目センターブロック)
会場:ブルーシアター六本木

脚本:赤澤ムック
演出:キムラ真

ディミトリ・レヴァンドフスキ:石黒英雄
アリス / アニエスカ:入来茉里
レオ:秋元龍太朗
櫂:杉江大志
玲二:柏木佑介
生島光哉:野嵜豊
菊川梓:蜂谷晏海
あかね:藤原亜紀乃
鳴沢瞳子:名塚佳織


おお、ちゃんとセットがある。
ものすごいハリボテ感・・・
そうか、渋谷での豪奢なお屋敷という原作の浮世離れした感じを
メルヘンチックに描くとこうなる、のかな?

開幕前、客席にパントマイムできゃわきゃわしているキャストが登場。
おお、思いがけずガチな演劇っぽい演出だ。
真後ろに小学生くらいのお子様がいらっしゃったので
ちょっと絡んでいる(笑)

いやまて、この内容でお子様は大丈夫なのか?!

このパントマイムなアンサンブルが大活躍で
原作のこれをこう表現するのか! と感心の連続。
蜘蛛とかね・・・うん。いたね、蜘蛛(遠い目)
テーブルと椅子になったのにはビックリしました。

こんな感じで比喩と暗喩の演出で攻めるのかな? と思ったら
エロスの場面は直接的でビックリ。
後ろにお子様いるのに~(内心ヒヤヒヤ)

そのお子様、途中でお母様に小声で「あと何分くらい?」と聞いていて
気持ちはわかる・・・と思いました。
その時点で半分くらいだったからそうとう長く感じられたと思います。

全然、子供向けじゃなかったです。
アリスってタイトルだけど不思議の国感はあんまりない。
いや、不思議の国のアリスを知っていると
対応している部分がわかるのかもしれないですけど
あんまりアリスワールドに詳しくないので私にはわからなかったです。

原作がそうだから仕方ないんですけど
登場人物の心の動きがわかりにくかった。
いつの間にか好きになってたり嫌いになろうとしていたり唐突感満載。

だいたい原作に沿って展開していたと思うんですが
明治時代のお嬢さまのエピソードがマルッと省略されていたので
アリスの決意が唐突だったかな。
たぶんディミトリの考えもここでちょっと理解できる部分があったので
どこかでフォローがほしかったかも。

どうせなら歌っちゃえばよかったのに。
瞳子さんの「私が生きる意味」あたりは歌い出してもおかしくなかった。
少女マンガの心情吐露はミュージカルと相性が良さそう。
と思ったけど

♪どうせ同じ顔なんだから~無理矢理やってもいいじゃない~

とか歌われても少しも共感できないから歌わなくて正解か(苦笑)

そういや冒頭でアリスが目覚めた時に
寝ぼけて双子のどっちかにキスしていたけど
あれって何かの伏線?
いや、確かに原作にもあった場面だけどどんな意味があったんだっけ?

ん? あの人たちの人格って蝶(吸血樹)と肉体のどっちなんだろ?
ディミトリはオペラ歌手時代の記憶で生きているから肉体と同じなんだろうけど
レオは吸血樹の記憶っぽく思える。
探してたとか、やっと見つけたとか言っていたし・・・
私が忘れているだけでオペラ歌手時代の知り合いだったのかな?
双子は双子時代の記憶だよね(片方は忘れていたけど)。
肉体の記憶が引き継がれるなら吸血樹はなんのためにあんなに必死に
繁殖しようとするのかわからないな・・・

こりゃ、もう一度原作読むべきなのかな(悩)


●アフタートーク

この日はアフタートークもついていまして
衣装のままの石黒くん、秋元くん、杉江くん、野嵜くん、名塚さんと
スペシャルゲストとして二葉勇くん、安井一真くんが参加。

二葉くんと安井くんは野嵜くんと同じグループで活動している役者さんで
本編にも日替わりゲストとして出演。

双子がやっているお店に来店したお客さまだったんですが
謎の双子設定に混乱しました。
別に揃いの衣装ってわけでもそっくりってわけでもないのに双子。
裏でそう指示があったからだそうです。
でムチャ振りされてサザンを熱唱(上手かった)。

おもしろかったけど正直ナンダコレと思いました。
この舞台、客入りが良くなくて話題作りのためだったようですね。
この日は招待券で5列目センターブロックに座れるくらいの人数でした。

舞台に関係ないひと呼んで集客に繋がるのか疑問なんですが
充さんがゲスト(の日もあったんです)でペダステネタとかやってくれたら
キャーと大喜びで笑ったと思うのでアリなのかな?
けど、1シーンのゲストのためにチケット買うかどうかは別の問題な気がする。

そもそもブルーシアターで平日6時開演ってのは厳しすぎる。
7時は無理でも
せめて6時半だったらもっと来られるひとがいたんじゃないでしょうか?
演出や役者はよかったので
リピートするひとに優しい時間帯を提示しておけばあるいは、と思いました。

アフタートークはなんか座長の自由な感じばかり思い出されます。

石黒くんと言えば潔癖王子でお掃除プリンスなので(え?)
ディミトリみたいな役で見るのは初めて。
なんで石黒くんが主演なの? 耽美なキャラだけど大丈夫?
と心配しましたが思ったより良かった。
ディミトリ長生きしているから老成しているのもアリだし。
ま、私は長髪より短髪が好きですけど。

ディミトリよりカーテンコールで挨拶している姿のほうが好感度高かった。
アンサンブルのみなさんを立てたり、すっごい気遣いのひとでした。

アフタートークもなんだかフリーダムで
詳細忘れたけど誰かの再現を率先して立ち上がって演じてくれたり
フットワーク軽かった。
なんとなくトーク苦手だったりするのかなと思っていたので
サービス精神旺盛で意外でした。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking