人生は後悔に満ちている:映画ラ・ラ・ランド

試写会に当選した友達に声をかけてもらって観てきました。

たまたまアカデミー賞ノミネートの中継をしていた番組を見ていて
やたらノミネートされている『ラ・ラ・ランド』という映画が気になったんですよね。
ミュージカル映画だそうで。
ちょろっと紹介された場面は
華やかな色使いで楽しそうに歌い踊る男女がメインだったので
なんだか楽しそうだな~と思って。

お言葉に甘えて公開前に観ることができました。感謝!
しかし当の友達は仕事の関係で来ることができなかったのでした。
なんか申し訳ない…


ラ・ラ・ランド

何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。


という程度のあらすじは把握して拝見。
売れない女優とパッとしないピアニストが組んで
ミュージカルで成功する話? と予想したら見事に裏切られました(笑)

ストレートなサクセスストーリーではなかった~。
それどころか独特の展開? 演出? が多くて慣れるまで戸惑った。
予想しながら観ていたものの
その予想はことごとく外れだんだんそれが楽しくなってきた(笑)

最初に挫折して(起)
成功して(承)
失敗して(転)
乗り越える(結)
って感じをイメージしていたんですが
なかなか成功しなくて果たして成功するのかと不安になった。
成功のビジョンが全く見えなかったもので(苦笑)

というのはヒロイン・ミアの展開ですが
それとは異なるルートを歩むのがセブ

セブのほうは割と私が予想した展開で生きるんですよね。
そのせいでふたりはすれ違い始めて
恋愛ルートの雲行きが怪しくなって
ミアの先行きと共にふたりの関係も不安定に…

ところでこの映画は現代が舞台なんですが
どことなくレトロな雰囲気なんですよね。
きちんとした街並みがレプリカっぽくてどことなくメルヘンチック。
それがいい塩梅に作用して
リアルな展開の中にときおり混じるファンタジックな場面がハマるんです。

そのファンタジー場面がラストに効いてくるんです!

ラストのアレ良かったー
あれがこの監督のやりたかったことかー
その後の展開にもワオ! だったし
なんかヤラレター

カサブランカのオマージュなのかな。
他にもミュージカル映画をモチーフにしていたかもしれないけど
あんまミュージカル映画観たことないからわからなかった。
観たことあるのは『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『シカゴ』
『ムーラン・ルージュ』『8人の女たち』くらいか?
この中では『ムーラン・ルージュ』に似ていたかな。

私はこの映画、ヒロインのミアをメインにして観ていたんですが
どうやら主人公はセブのほうだったようです。
エンドロールを見て「マジか!」と衝撃を受けました。
そっかー、それならそのつもりで観たかったなー。
けど5年後、なんであんな展開になっていたのか…
あの流れなら「待ってる」ってことにならないの?
ミアの考えることがよくわからなかったよ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking