これも観てました:乱鶯

しれっと昨年の観劇感想更新。

先日一覧にまとめたときには見落していました。
いかんいかん。


劇団☆新感線いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』.

観劇:2016年3月12日(1階)
会場:新橋演舞場
演出:いのうえひでのり
脚本:倉持裕

古田新太:鶯の十三郎(元盗賊の頭 「鶴田屋の板前)
稲森いずみ:お加代(鶴田屋の女将)
粟根まこと:勘助(鶴田屋の主人)
山本亨:小橋貞右衛門(幕府目付)
大東駿介:小橋勝之助(御先手組組頭)
高田聖子:お幸(呉服屋丹下屋の女将)
清水くるみ:おりつ(呉服屋丹下屋の女中)
橋本じゅん:火縄の砂吉(盗賊)
大谷亮介:黒部源四郎(北町奉行所与力)
右近健一:彦衛門
河野まさと:太兵衛
逆水圭一郎:丹下屋総兵衛
村木よし子:お春、お照おはる、おてる
インディ高橋:半助
山本カナコ:おとき
礒野慎吾:弥吉
吉田メタル:松下新五郎
中谷さとみ:お竹、お夏
保坂エマ:おさた
村木仁:なまずの又次
川原正嗣:真造しんぞう


オトナの新感線って感じですかね。
いつものド派手な演出や展開とは違う
割とフツウな時代劇に近い芝居でした。

元盗賊が過去の恩に応える義理人情の物語でした。

そんなフツウの物語を新感線に求めているか? と言うと
意見の分かれるところだと思いますが
わかりやすくて良かったです。

しかし歌舞伎の型ってのは必然性があって生まれたんだなー
とわけのわからない印象が残った芝居でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking