まさかこれが舞台化されるとは:ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』

しれっと昨年の観劇感想を更新。

原作大好きなので観に行きました。
役者さんも知ってる人多いし。


ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道

観劇:2015年11月20日(16列目上手より)
会場:全労済ホール/スペース・ゼロ
脚本・演出・作詞:川尻恵太(SUGARBOY)
音楽:あらいふとし+ミヤジマジュン

東海道新幹線:永山たかし
山陽新幹線:滝川英治
西武池袋線:Kimeru
有楽町線:阿部よしつぐ
秩父鉄道:森山栄治
高崎線:郷本直也
埼京線:豊永利行
東海道本線:鯨井康介
京浜東北線:高橋優太
東武東上線:高崎翔太
りんかい線:山本一慶
宇都宮線:稲垣成弥
副都心線:章平
山手線日替わりゲスト:佐藤永典
アンサンブル:柏木湊太/松田大知/松田将希


楽しかった!

いまいち纏まりがなく感じるのは原作がショートショート並の
短いエピソードの連続だからしかたない。
むしろあの細かいエピソードをよく繋げたと思います。

演出は割と原始的で
映像も使うけど
プロジェクションマッピングではなく
スクリーンにタイトル表示する、程度。
原作の力と役者の技を大事にする舞台でした。

キャスティングがものすごく良くて
みんなハマり役に見えました。

初っ端から高らかに歌い上げる西武池袋線Kimeru)を筆頭に
ガテンな姿が良く似合う秩父鉄道森山栄治
秩父に夢中なあまりヤバいことになってる東武東上線高崎翔太
ナリは大きいのに気が小さい高崎線郷本直也
ツンな感じの宇都宮線稲垣成弥
虐げられる可哀そうな埼京線豊永利行
歴史は長いのになぜか肩身が狭い京浜東北線高橋優太
出てくるため舞台の色を(紫に)変えるりんかい線山本一慶
イイカンジに空気を読まない副都心線章平
西武池袋や副都心に翻弄される有楽町線阿部よしつぐ
あくまでも偉そうな東海道新幹線永山たかし
ナリは大きいのに東海道に頭のあがらない山陽新幹線滝川英治
原作よりお兄ちゃんと仲良しにみえた東海道本線鯨井康介

歌もキャラに合わせて歌詞はもちろん曲調も考えていて
それぞれ面白かった。
有楽町線のひとの歌声がすごくてびっくりした。
何者? 本格的ミュージカルが混ざってるような歌声に圧倒された。
苦労人な有楽町っぽくほっそい見た目なのにパワフル!

終演後、鉄道好きと思しき男性3名が
「ヤバイおもしろい!」
「まだまだ電車あるから続編いけんじゃね?」
「〇〇線とか」
と口々に熱く語っていたのを聞いて嬉しくなりました。
そう言ってもらえると私もテンション上がる(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking