懐かしの流行曲にのせて:舞台『ボーイバンド』

ミュージカル『さよならソルシエ』平野くん出演おめでとう記念。
まさか平野くんが出演するとは思わなかった。
それも良知くんと共演ですよ!

そっかー
幕末ROCKで龍馬をやった良知くんが太陽のような兄貴で
平野くんが美人なテオかー。

と思ってキャストを見たら、だった!

え、え、えぇぇぇ?!
しばしの思考停止。
そうか。いや、ふたりともどっちもできそうだね。
そうかーそうきたかー。
コミックナタリーの記事

まぁ『さよならソルシエ』が舞台化するって聞いたときには
なんでもかんでも舞台にするんじゃないよ
と否定的だったんですが
このキャストでは観ないわけにはいかぬ!

音楽のひとはわからないな~と調べてみたら
私が観た舞台の音楽を担当していることが多かった!
マジで?!
モンティ・パイソンのSPAMALOTとかフル・モンティとか
蜷川さんの舞台も多いな~。
新生ブリーチの曲もそうなのか(新生はまだ観ていませんが)。

演出のひとがよくわからないですが。
いや、名前は知っているな。
どこで見かけたんだったか(悩)
あ、『銀英伝』の同盟篇を演出したひとか?!
あー、奇抜な演出でおもしろかったひとだ。
ん? 『さよならソルシエ』に奇抜さはいらない気がしますが
うーん、吉と出るか凶と出るか。

ということをネタにしつつ
完全に時期を逃してしまった『ボーイバンド』の感想です。
もたもたしていたらこんな時期になってしまった。
私が観たのはプレビュー公演ですからね。
どんだけ放置してたんだって話ですよ(苦笑)


ボーイバンド

日時:2015年10月10日(土)
会場:志木市民会館パルシティ
脚本:ピーター・キルター
演出:板垣恭一

ソースケ:平野良
リュウ:大山真志
サクヤ:碓井将大
ゲン:味方良介
カツミ:藤田玲
プロデューサーのリチャード入賀:新納慎也
宣伝の織辺征人:伊礼彼方
振付の立花アンリ:蒼乃夕妃
アンサンブル:東啓介KEN(S☆RUSH)

チケット入手した時点では
ミュージカルなのか、そうではないのかも不明でした。
メンバーと題材的に「歌いそうだな」とは思ったんですけど
ミュージカルとはどこにも明記されていなかったんです。

観てみたらめっちゃ歌いました

いや、歌うなら歌うで
翻訳モノだから
知らない洋楽を聞くことになるのか
外国籍の登場人物だらけなのか
ボーイバンドってなんだ? バンドものなのか
とかいろいろ疑問点もありました。

蓋をあけてみれば

懐かしの日本のヒット曲をバンバン歌って踊る
ボーイバンド“フリーダム”による
バックステージもの
でした。

やだ、楽しい!
何しろ知っている曲ばかりですよ。
チェッ〇ーズからスタートですよ。
ちょうど数日前に
ナカ〇の窓でチェッ〇ーズの裏話聞いたばっかりだったので
必要以上に受けてしまいました。

ボーイバンドっていうのは
ザックリ説明すると
歌って踊る男性5人組のことらしいです。

そっか、ドラムやらギターやらのバンドではないのか。

歌って踊る、けれどミュージカルではないストレートプレイという
ちょっと変わった新ジャンルを目指しました


とのことで、まさにその通りでした。
ミュージカルほど歌で進めるわけではなく
“フリーダム”という5人組の
結成から紆余曲折を経たトキオドーム(笑)でのライブまでの
軌跡を描いた物語。

登場人物も日本人でよかった。
名前おぼえやすいぞ(笑)

どうも脚本はストーリー部分のみ踏襲していて
歌う曲は自由に選んでいいようだ。
日本の曲ばっかりでした(一部洋楽もありましたが)。

そして客席ではペンライトOKでした!

え、そういう舞台だったの??
幕末ROCK方式?!
プレビュー公演なのに持参していた観客の方々は
予知していたの?
それともそういう情報が流れていたんでしょうか??
出遅れたー。
今後こういう舞台が増えるのかな??

ストーリーは
敏腕プロデューサー入賀に見いだされた5人
つまり寄せ集めの5人が
一気にトップへ駆け上がり
その過程で
自由を制限されながら
マスコミや過激なファンに翻弄され
考え方の違いからメンバー内で軋轢を生み
個人的なトラブルも抱え
それらを乗り越えられるのか?! という物語。

いやー、アイドルって
古今東西同じようなことを繰り広げているんだろうなー

って思いながら観ていました。
ちょうど某6人組のライブに行ったばかりだったし
なんかいろいろ頷けたりそんなことはなかったり(どっちだよ)。

しっかし失敗したなー。
配役調べてから行けばよかった。
つーか、出演者名把握してから行くべきだった。

いや、チケット買うときにチェックしていたんだけど
観るころには忘れていた(ガクリ)。
会場でチラシ貰えると思ったら貰えなかったし。
最近、こういうこと多い。
キャストは直前にチェックすべし!
なんならメモって行くべし!

おかげでサクヤとゲン
どっちがどっちだったか思い出せない。
観ている間は把握していたんですが…
さっさと感想まとめておけばいいのに。


以下、ネタバレキャスト一覧。

ソースケ(自己中心的):平野良
リュウ(音楽に対して真摯):大山真志
サクヤ(ゲイ):碓井将大
ゲン(妻子持ち):味方良介
カツミ(ヤク中):藤田玲
リチャード入賀(過去に担当タレントがヤク中自殺):新納慎也
織辺征人(担当タレントと恋愛トラブル):伊礼彼方
立花アンリ:蒼乃夕妃
アンサンブル:東啓介・KEN(S☆RUSH)

サクヤとゲンはキャラ逆だったかもしれません。

ソースケとリュウが対立して
カツミに絡めて入賀の過去が明らかになり
サクヤ(がゲイだとして)が入賀に惚れていることに気づいた織辺が
サクヤを宥めているうちに過去のトラブルを繰り返しそうになり
ゲン(が妻子持ちだとして)はメンバーもファンも裏切り続けていることに
悩んでいるという構図でした。

そういや入賀と織辺は歌わなかったな。
カーテンコールでちょろっと歌っただけ。
それぞれ一曲くらい歌っても良かったのに~。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking