予想外に楽しかった:ワンピース歌舞伎

チケットを譲ってもらって急遽行くことになったワンピース歌舞伎。
既に11月分のチケットは押さえてあるので
2回行くことになりました。
いや、それはいいんだ。
問題は2枚譲ってもらったという事実。

誰か行けるひといるだろうか??

できれば歌舞伎かワンピースに馴染みのあるひとがいいよね~。
けどどっちの知り合いも日曜の夜はNGなひとばっかりなんだよな~。

ダメもとで
歌舞伎は数回観劇、ワンピースは未読
という友達に声をかけてみたら見事釣れたので
一緒に行って参りました。

ワンピース初心者にもわかるだろうか…と心配していたんですが
当日までに56巻まで読んできたよ友達!
ブラボー! マイフレンド!!


けど56巻とはどのあたり??
エースがどっかに移動したあたり??
ありゃーそりゃ舞台でネタバレする感じですねー。
え、すでにエースがどうなるかは会社のひとにバラされている?
それは災難でした(苦笑)
でもキャラを把握できれば格段に楽しくなると思う!
でかした! マイフレンド!!


あ、これからご覧になる方は
キャスト表をプリントアウトして行った方がいいです。
劇場にチラシもあるんですが
配役が書かれていないので困ることになります。
まあプログラムを買えばいいんですが
まだ舞台写真がないバージョンなので買えなかったんですよっ!
11月頃に舞台写真に差し替えるらしいので
私は次回行くときに購入予定。

あとグッズ購入であんなに賑わっている演舞場初めて(笑)
これがあるから開場時間にあんなに混雑していたのか。
いつもの演舞場といろいろ違う。


スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース

観劇:2015年10月18日夜の部(3階4列目上手)
会場:新橋演舞場

ルフィ/ハンコック/シャンクス:市川猿之助
白ひげ:市川右近
ゾロ/ボン・クレー/スクアード:坂東巳之助
サンジ/イナズマ:中村隼人
ナミ/サンダーソニア:市川春猿
はっちゃん/戦桃丸:市川弘太郎
アバロ・ピサロ:市川寿猿
ベラドンナ:坂東竹三郎
ニョン婆:市川笑三郎
ジンベエ/黒ひげ(ティーチ):市川猿弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド:市川笑也
マゼラン:市川男女蔵
つる:市川門之助
エース:福士誠治
ブルック/赤犬サカズキ:嘉島典俊
レイリー/イワンコフ/センゴク:浅野和之


なんとも楽しい舞台でした!

原作と比べると気になるところもありましたが
それをねじ伏せる勢いと楽しさがありました。

やっぱ予想を上回るものを観るとテンションあがる!

あんまりネタバレしないようにしますが
以下、ちょっと内容に触れるので
ネタバレは絶対ダメって方は要注意。

.
それなりに歌舞伎を観たことあって
ワンピースは一通り原作を読んでいて
アニメは時折に見る程度です。


まさかニューカマーたちがあんなに活躍するとは思わなかったし
巳之助さんの本役がボン・クレーだとは思いもしなかった(笑)
あの再現度すばらしい~。
動きもテンションもボン・クレーだった。
声もアニメに似せていたよね?!
歌舞伎口調だからわかりにくいけどゾロも寄せていた!
初めて原作とアニメ両方知っていた作品。
おかげで「声も似てる~」と実感することができました。
スクアードも似ているのかもしれませんが
残念ながらスクアードの声は覚えていないので比べられない。

浅野さんはどの役も良かったですが
圧倒的にイワンコフが振り切れていて良かった!
あれは再現度高かった、と言っていいんだよね??
いや、浅野さんだってわかるんだけどイワちゃんだったよ!

ニューカマーランドの場面は楽しくて仕方なかった。
あの場面はオトナの全力の悪乗りを目の当たりにした(笑)
役者の引き出し無限大。

事前のネタバレしないように情報シャットアウトしていたので
なんかもーいろいろビックリ。
まぁワンピース歌舞伎のメンバーが出演したVS嵐を見たら
写真や動画付きで紹介されたので無駄な努力に終わったわけですが(苦笑)

サンジのゴージャス感! なんか貫禄ある。
黒のスーツ姿だとはね~。すばらしい。隼人さんに似合っているし。
世にも珍しい足技中心の立ち回りも見られてラッキーだ。
そしてメッチャしゃべってた。
おかげでゾロが目立たないような気がする。
いや、巳之助さんにはボン・クレーがあるからいいんだけど。

大好きなロビンが美人で私は嬉しい。
誰?! と思ったら笑也さんか!
見慣れない髪型で新鮮でした。
おちついた口調がロビンぽくて良いです。

対するナミ春猿さん)はちょっと蓮っ葉というかおきゃんな感じ?
でも義に厚いところはナミなのでヨシ。
脱いだときはビックリしたよ。

チョッパーには工夫がいっぱいだし
フランキーウソップもちゃんといた。
誰が演じているのかはわからないんですが…
はやく筋書き読みたいっ。

嘉島さんはブルックをやっていたそうですが
あのメイクじゃわからんですよ(笑)
赤犬も演じていたようですが見落としていました。
つうか黄猿青雉も誰が演じたんだ?!
3人まとめて役者がわからーん! と匙投げていました。
そっかー赤犬は嘉島さんでしたかー。
11月にちゃんと見届けます!

エース福士くんはがんばっていました。
スタイルがいいから見栄えがいいぜ~。
3幕目はエースが主役だったので見せ場!
赤犬との立ち回りも旗振ってド派手!
これぞスーパー歌舞伎!!
旗の色も黒みがかった赤の赤犬(マグマだから)に対し
鮮やかな赤でエースの色! とテンション上昇。
歌舞伎技も駆使して奮闘していました。

あとニョン婆が美しくて良かったです。
笑三郎さん解説係も兼ねていたので意外と出番があったのも良かった。
地名や人名は別にしてカタカナは封印されていたキャラが多かったのに
ニョン婆だけはカタカナ使ってました。
あの名言言ったときは「来たー!!」とまたしてもテンション上昇。

白ひげ右近さん)と
ジンベエ猿弥さん)と
戦桃丸弘太郎さん)が歌舞伎っぽくてよかった!
あとマゼラン男女蔵さん)が本物っぽくて歌舞伎っぽくてお見事。

けど一番すばらしかったのはおつるさん門之助さん)かな~。
超クール!
こしらえが老女なんだけど
原作通りパンツスーツっぽくして
上におちついた色合いの打掛羽織っているのが違和感ない。
原作では打掛は羽織っていないはずなのに。
原作通りでありながら見事に歌舞伎キャラにしていて凄い!
出てきた瞬間「おつるさん!」と釘づけでした。

大ベテランが要所要所に配置されて
舞台に重みを出していて
なんとも贅沢。

んで主演で座長で船長の猿之助さんですが
ルフィ・ハンコック・シャンクスと重要な役を兼ねて
早替わりの連続か?!
と思ったんですがルフィとシャンクスは早替わりしなかった。
よかった~。あのふたりの場面で笑いはいらんよね。

ルフィとハンコックは早替わりありまくりなので楽しかった!
やっぱ早替わりはやってほしいのでヨッシャーとガッツポーズ。
ハンコックの見下し過ぎて逆に見上げてるポーズもあったし(期待してた)
コバヤシサチコ?!な場面もあったし(これは予想してなかった)
ハンコックの場面おもしろいな。
「メロメロあまかぜ」にはビックリ。ハンコックはカタカナNGらしい。

ルフィにしては説明っぽいというか理屈っぽいのが違和感ありましたが
見ているうちに慣れるもので(笑)
まぁ円滑に舞台を進めるにはあのくらいしゃべらないとダメか~。
おかげで原作を知らない隣のご婦人が涙を流してらっしゃいました。
原作未読のひともいるから説明大事!

3階席はお安くていいんですけど
花道ほぼ全滅なのが悲しい(だから安いんだ)。
けっこう花道使っていたので1階席で観る11月に期待!
でも照明キレイだったし
三幕の旗の立ち回りは上から見たほうがキレイなので
3階には3階の良さがありました。


もう一度見たい! と思える舞台でした。
いや、実際11月にもう一度観るんですけど。

あまりに面白かったので
親に営業して行かせることにした(笑)
歌舞伎(スーパー歌舞伎含む)は何度か観ているけど
ワンピースは全く知らないふたり…
たぶん楽しめるとは思う、けど
当日までにちょっと解説しておくかー。聞く気あるかな?

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking