いまさらブリミュ

戦国鍋以上にいまさらなものにハマッてしまいました。

マンガBLEACHを原作にした舞台
ロックミュージカルブリーチ、通称ブリミュ

たまにしか行かないレンタル屋で
旧作4枚400円という謳い文句につられてレンタルした一品。
完全に数合わせだったんですが、これが一番面白かったという結果。
ま、世の中そんなもんですよね。

原作は途中で挫折。
登場人物増えすぎてパンクしました。
なので私の記憶ではまだルキアは救出されていません(苦笑)
このDVDで救出されてスッキリできたらいいな。

そんなわけで知識が著しく不足しています。
覚えていたのは

主人公は黒崎一護。
ルキアは死神?
ヒロインは髪が長くて乳のでかい子。
同級生はチャドと石田。
一護には妹がいたような気がする。
死神で覚えているのはアバライレンジとザラキゲンパチ。
ルキアには兄がいたかもしれない。
アイゼンが実は…


この程度ですよ。心もとないですね(苦笑)
けど問題なかったです。
むしろうろ覚えのほうが抵抗なく楽しめるかも!


ROCK MUSICAL BLEACH The Dark of The Bleeding Moon

脚本・演出は堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)さんだそうです。
知らないひとだ。

観てみてびっくりしたんですが
これが第一作ではなかったんですね!
冒頭いきなり回想っぽくなって「?!」となりました。
おかげで流れがわかりましたけど。

攫われた(?)ルキアを助けるため、死神の国?
尸魂界(ソウルソサエティって入力したらこう変換された!)に
潜入した黒崎一護伊阪達也)。
さっそく斑目一角臼井琢也)と対戦。

まだらめいっかく…知っている、ような気もする。
だぶん読んでいたころに出てきたキャラだ。
その目じりの赤いとこに見覚えあり!

前作までに阿散井恋次森山栄治)との対戦を終えているようで
回想に出てきました。
阿散井(うお。アバライで変換された!このPCどうなってんの??)くんは
覚えていますよ。たぶんいいヤツ。
実際、一護に協力してくれるし、どうやらルキアに惚れている?

朽木ルキア佐藤美貴)は牢屋に閉じ込められています。
このルキア役のひとが歌うまくてさー。
びっくりしました。
あと、ルキアにそっくり!
見た目もちょっとぶっきらぼうなしゃべり方も。
いや、ほかのひとも似ているんですけど
ルキアが特に「そう!こんな感じだった!!」と思わせてくれたんです。

お兄ちゃんの朽木白哉林修司)が
率先してルキアを処刑に追い込もうとしているようです。なぜっ?!
お兄ちゃんは原作より柔らかい感じかな。
原作はもっとひんやり硬質なイメージ。
これは演じる役者さんの個性かもしれません。

その処刑を阻止したい一護と阿散井。
協力してくれる山田花太郎村上耕平)。
花太郎は見たら思い出しました。
いたね、戦力にはならないけど救護班として助けてくれる子。
この子も似てる。
あの自己紹介ソング、かわいらしくて好き。

でも一番「似てる!」と思ったのは更木剣八鈴木省吾)。
最初シルエットで出てきたときは
「そんな髪型のひとジョーカー騎士団(FSS)にいた」と思っただけでしたが
照明があたったら「知ってる!!」と。
そうかー、君がザラキゲンパチでしたか。
凄く渋いキャラになっていて「うは!」となりました。

あとは日番谷冬獅郎永山たかし)は見た瞬間思い出した。
ヒツガヤくん! このひと好き!
なんか信じていいような気がするんだよね~。
イメージでは飛影並に小柄だったんですがさすがにそこまで小さくはなかった。
けど、なんか小柄に見えるんだよね。
カツラのせい? 衣装のバランス?
意識してそう見せてるせいかな。スゴイな。

しかし日番谷から雛森桃齊藤来未子)へ明確な矢印が出ていてびっくり。
え、そういうキャラだった?
雛森は藍染惣右介大口兼悟)の部下なんですが
えええ~? このふたりそんな感じだったかな~?
覚えてない…

矢印関係は松本乱菊井上晴美)から市丸ギン土屋裕一)へ出てました。
乱菊さんも見たら思い出した。
いたね、日番谷の部下だ。

そして演じている井上晴美さんに気づいたのが
“月よおしえてくれ”の手紙の場面ですよ!
なぜここに?! つうか、気づくの遅すぎるよワタシ!
あんなに目立つ人なのに。
度胸があるっていうか、空気を読むのが上手いひとですね。さすが。

市丸ギンもなんとなく覚えていた。
けど副隊長なイメージだったんですけど、隊長なんですね。
誰かの後ろに隠れて意地悪してるイメージ。
いや、意地悪なのは正しかったですが。

吉良イヅル北村栄基)がギンの部下でした。
吉良くんについては、ごめん。全く覚えてない(苦笑)

凄かったのが四楓院夜一齋藤久美子)。
夜一さんはうん。なんか女性だった印象はあるんですが
姿かたちは覚えてないんですよ。
しかし、あの身のこなし! ナニモノ?!

なんとなーく、知っているあたりだったのでなんとかついていけました。

という物語のことはさておき
この舞台は曲がいいんですよ!
私は“月よおしえてくれ”で目の覚める思いでした。

あのハモリはすごい!
そして雛森の子の歌声!
ルキアも凄いが雛森も凄い!

芝居終了後に始まったショウタイムがまた楽しくてっ!
まさかの一護の「よう!」で終わった本編
え、そこで終わり?! 早くない??
というツッコミを封じ込めるお楽しみタイム。

“もうひとつの地上”はテンションあがりますね!
大勢で歌う曲は迫力があっていい。それぞれに見せ場があるし。
ルキアと一護のかわいらしい“手をつなごう”のあとは
演歌調? ムード歌謡調? の“べんがら格子”に笑い
愛染&白哉の異色コンビでの“Coin”
夜一さんの見せ場のダンスシーンがあり
大盛り上がりの“ザッツ漢”

やばい! ものすごく楽しい!!

曲を聞きたくてCD代わりに再生をくりかえす私。
ちょっとどうかと思うくらい再生しました(笑)

この舞台の魅力は
曲が好みだということも大いにあるんですが
一護が異様にかわいいんですよね。

ルキアを助けようと懸命なのは原作通りなんですが
突然歌い始めた花太郎にポカーンとしつつも相手してあげたり
夜一さんのセクハラ(笑)に抵抗する姿がカワイイ。

あとさー、ルキアと花太郎に再会した時
花太郎に先に声をかけるとか…っ
そこはルキアを抱きしめてもいいシーンだろう?!
ルキアも抱き着いちゃえばいいのに(笑)
ウブなふたりがかわいくてしかたない!
乱菊がひやかしたくなる気持ちがわかる。


というわけでDVD買いました!
1950円で売っていたのを見つけたらレジへダッシュしてました。

特典映像も充実していて
隊長対談と副隊長対談が特に面白かったです。

対談を見つけたとき真っ先に再生したんですが
素顔だと誰が誰だかまったくわからず…
特に隊長5人。
更木はすぐにわかったんですけどねー
ほかのひとがねー
「え?!」って素顔のひとが少なからずいて難解でした(苦笑)

素顔でも判別できるように精進したいところ。
そして続きも気になるので続編も入手したいところ。

ヤバいなー、今更すぎるのにすごいハマってしまったー。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking