ちょっとレース見て来た:さいたまクリテリウム

ちょっとどうかというくらい『弱虫ペダル』にハマっているわけですが
ついにレースを見に行ってしまいました。

ただマンガを読んでいただけなはずなのに
いったいどこを目指しているのか…
大丈夫。レースを見るだけだから。参加はしない(笑)

ツールドフランスが協賛しているので
今年のツールドフランスのレース出場選手も出場しています。

BSの『まいにちツールドフランス』も見ていたので
なんとなく選手もわかる!
と言っても名前を言われれば「聞いたことあるな」程度ですが。
その聞いたことある選手が何人も来ているのだ!


さいたまクリテリウム:2014年10月25日

同行者は同じく
ちょっとどうかと思うくらい弱ペダにハマっているよーこさん。
たぶん私より重症。
弱ペダを読んでもらうために
全巻セットを段ボールに詰めてドーンと友達に送りつける猛者です。

声かけてもらって感謝です!
私、日曜開催だと思い込んでいたので
言われなければ26日に行ってた…

会場はさいたまスーパーアリーナのあるあたり。
交通規制をして特設の周回コースを作って開催されました。
クリテリウムとは周回レースのことで
何周もするから何度も選手を見られるんです。

駅に着いてびっくり。
駅を挙げてのイベントで思った以上にオオゴトになってました。

とりあえず、さいたまるしぇでフランスグルメを堪能し
フランスから遠征してきたと思しき
オルガン奏者(?)のコミカルな演奏を楽しんだらコースへ移動。

しかしコースがどこにあるのかわからない…

こっちのはずだけど人、少なくね?
こんなもん?
去年の映像はかなり空いてたからこんなもんかも…
それにしては大人数が駅を行き来してたから変だな。

隣の道路をコースだと勘違いしていたんですけどね。

正しいコースへの道を教えてもらって
観覧エリアに行ったらすでに幾重にも人垣が。

ああ、そうだよね。そうくるよね。

まずはヘアピンコースを沿道で観戦。
しかし見えない…
ひとの頭越しに見ることになるからなー。
ちびには不利だ。
段差を利用しても選手が通ると
みんな伸び上ってカメラを頭上で構えるから視界悪し。
辛うじてヘルメットと背中が見えたくらいでした。

ヨシ。ヘアピンは味わった。移動しよう。

次はもっと広いとこで見るぞ。
スピードを体感するのだ。
ヘアピン部分は
登り終わった直後だったのと
曲がるためにスピードが抑えられていたので。

途中
特撮ヒーローがよく戦っている撮影現場と思しき広場を通過しつつ
やっぱり道がよくわからない状態で移動。

着いたらやっぱりすでに幾重にも人垣が…
ヨシ、あそこの段差を利用して選手を見るぞ。
ちょっと遠目で何周か観戦。

ヘアピンのときも思ったけど
すっげー静か。

自転車だからエンジン音がないんですよ。
なので
中継のために先行するバイクのエンジン音で
先頭が来ることを判断しました。

それに観客も静かでした。
もっと大声で応援するのかと思ったら思いのほか静か。
何周もするからスタミナ温存しているんだろうか…

さて、じゃあコース沿いに歩いてスプリントゾーンに行きましょうか。

よーこさんを連れまわす私。
いやでもスプリントのスピードは見ておかないと!

スプリントゾーンもやっぱりすでに人だかり。
ここが一番コアな観客がいたような気がします。
敷物しいて長時間待機していたっぽいですから。
そうか、そこまでしないと場所取れないのか~。

まぁでもなんとか隙間を見つけてゴールまでいたんですけどね。

しかしゴール付近のスプリントゾーンでも静かなんですよね。
今が何周目なのかさっぱりわからない(苦笑)

ラスト一周くらいは何か動きがあるのかと思ったんですが
特になにも…
ゴール付近ではラストの鐘が鳴らされたようですが
聞こえない位置だったので。

とりあえずどんどん加速する選手を目視するのが精いっぱい。

あ、会場では全くレース状況がわかりませんでした(笑)
誰がトップで日本人選手が何位なのか
もろもろ全くわからない状況で見ていました。


もちろん把握して観戦しているひともいたとは思いますけど
私には全く。
ただひたすら選手のスピードに圧倒されていました。

特にラスト一周のスピードがっ!
もはや残像ですよ!
なんだあの速さっ!!
あれがプロのホンキ速度か…
あれを見られただけでも来た甲斐があった!


で、周囲が帰り始めたので
「あ、今のがラスト一周だったのか」と気づき駅へ向かいました。

一斉に帰宅するので駅での大混乱を覚悟したんですが
途中、ショートカットルートを知っているひとたちがいて
それについて行ったおかげで
混乱なくホームに着けたのはラッキーでした。

けど高崎線の人身事故でダイヤが乱れていたんですが…

さて、帰宅してまずしたのが録画していた中継再生。
ありがたいことにテレビ東京で中継してくれたんですよ。
アニメの弱ペダとコラボして。

…おおう、思った以上にコラボしてるな!

ルールや見どころを解説するために
アニメの映像を使っていますよ(予想外)
でも弱ペダで興味を持った身にはわかりやすい演出。

中継のアナウンサーが
「主人公の坂道くんがルールを紹介してくれます」と
振ってくれたのが良かった(笑)
気が利いているぜナイス!

レース展開も録画を見てようやく把握。

うわ~、なにこれすごく面白いレース展開!
途中、日本人選手がトップだった瞬間もあったんじゃないか!
そういう意味で観客が湧いたの?!
後半、どよめいた周回が確かにあった。
あの時、日本人選手がトップだったのかも~。
ダメじゃん私。全然楽しめてない!


しかしあんな簡単にトップが入れ替わるとは意外でした。
途中で独走してもそのままゴール、って
わけにはならないからオモシロイ。
最後までわからない!

別チームの別府選手&新城選手が協力しあって
レースを引っ張る展開はホントに盛り上がった。

そして私が残像でしか確認できなかったラスト1周。
黄緑色の選手ひとりだと思っていたら
実際には5人ぐらいの塊だったようです…
どんな速さだったんだ(驚)
その塊に新城選手もいたのか! すげえ!!

いや~、中継と記憶を繋ぎ合わせると実に楽しいレース!
できれば生中継してほしかった…
そうすればもっと現場で把握して楽しめたのになぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking