ヴァンパイアハンターリンカーン:リンカーン秘密の書

そういや私、吸血鬼ものあんまり得意じゃないんだった…
それなのに観てみた。

リンカーン/秘密の書 [DVD]リンカーン/秘密の書 [DVD]
(2013/08/02)
ベンジャミン・ウォーカー、ドミニク・クーパー 他

商品詳細を見る

リンカーン秘密の書

かの大統領リンカーンはバンパイアハンターだった
という大胆な設定。

人種差別と戦う前に、人外と戦うリンカーン。

というのも、母親をヴァンパイアに殺されたから。
母を殺したヴァンパイアを探す途中で出会ったヘンリー
ヴァンパイアを退治する術を習う…

その修行風景が!
スタイリッシュ薪割り!!

リンカーンは斧を武器に戦うことにしたんですが
その駆使する姿たるや…っ!
こんなにカッコイイ薪割りを初めて観ました。

この映画はアクションがおもしろいです。
主にツッコミたくなる方向に(笑)

馬は投げるものではないぞ!

当時のアメリカには野良馬(?)が全力で疾走する地帯があったようで
そこでのアクションも見ごたえがあります。
よく踏みつぶされなかったものだ。

師匠のヘンリーの言うことを全く聞かないリンカーン。
ヘンリーの忠告を悉く破る人生。

恋人も友人も家族も持たない覚悟が必要と言われたのに
ハナっから破る気満々のリンカーン。
ひとの上に立つ人はこうでなくちゃならぬのか…?

にしても、リンカーンのヘンリーに対する態度は酷い

ぜんっぜん尊敬してないんだよ。
言うこと聞かないし。

友人を得て、恋人が家族になり
子どもを失って初めてヘンリーが言ったことを理解するのって
遅いよね?

その間に斧を置いて政治家になり
戦争で大勢を犠牲にして戦っているのって
無駄じゃね?

ハンター稼業をしていたときに
根絶しておけばこんなに多くの犠牲を強いなくて済んだはずなのに。

なんでこんな要領の悪いことをしているんだ…?

ハンターの腕前が鈍り切った頃に斧を再び手に取ってもなぁ。
すべてが遅い気がする。

うーむ。
ヴァンパイアの数も多かったので人海戦術ってこと?
でも早めにカタをつければ
敵もそんなに増えていなかったのではないかな?
と思ったりもする。

でも最終決戦が列車でのアクションでテンションがあがったのでヨシ!
私は列車をつかったアクションが好きである。

そしてラストシーンはヘンリーが持って行ったからヨシとする!
なんでこんなにヘンリー贔屓なのかというと
吹替えでみたんですが
ヘンリーの声がサンジ(ワンピース)だったので応援していたのだ。
顔もパパイヤ鈴木似で覚えやすかったし(笑)

そういえば吸血シーンもスタイリッシュだった。
その帽子そんなに固いの? とか
仕込み斧とか笑うしかない仕掛けもあって
気楽に楽しめるいい映画でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking