どんな絵だったの?教えてアルスラーン:荒川版アルスラーン戦記 第5章

やっと読みました。
別冊マガジン2013年12月号
なんだかんだで最近はほぼ毎月買っているこの雑誌。
諦めて毎月買うべきなのか…


第5章 君主の度量

ついにナルサスが本格登場です。
ナルサス髪長いな~。

回想シーンの人物の顔はまっ黒くなるのか~。
覚えなくていいから楽ですね(笑)

創作の途中でお邪魔するかたちになったアルスラーン
描きかけのナルサス作の“絵”を見て
王子としてあるまじき顔に!
曰く

すごい物を見た…

だそうです。
どんなだったんだ。気になる。

しっかしナルサスのキャラが陶酔型だったとは!

キラキラしていて面白いけど
ナルサスがこれではダリューンの苦労が忍ばれる…
だってギーヴはこれを上回るキャラってことだよね?!
うわー、がんばれダリューン。

それにしてもエラムが黒髪で実に好みです。
アルスラーンに対するツレナイ態度も…
今後、どんどんアルスラーン贔屓になるんだと思うと楽しみです。
ナルサスを宮廷画家としてスカウトした時のエラムの表情から
割と早く心を開いてくれそうだし。

ナルサスがいるとダリューンの表情も豊かになるので
にやにやしてしまいます。
リラックスしていて実にいいですね。

こうして軍師をゲットしたアルスラーンの反撃を約束された
次号が楽しみです。


ですがこの号には
田中芳樹せんせと荒川せんせの対談も載っていたので
ちょっと感想を。

この組み合わせを実現させた荒川せんせの担当者GJですよ!
だってカンチガイから始まっていますから(笑)

実際は読んですらいなかった荒川せんせが
アルスラーン戦記のFANだと思い込んだ担当さんが
依頼して実現したとか、どんなミラクル…

荒川せんせのマンガの描き方は
最終回を決めてからそれに向けて逆算して描き進めるそうです。
そしてそれは普通ではない、らしい。

しかし田中せんせも同様の書き方で
「異常だ」と言われ続けてきたとか(笑)

…つーか、終わりが決まっているならぎぶみー続き! 田中せんせ!!

そんなわけで荒川せんせは
原作の描きたい場面を先に思い浮かべてそこへ向けて
ネームをきるそうなので
その描きたい場面が私の見たい場面と合致することを祈るのみ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

結末を決めて逆算してストーリーを書く
CLAMPさんもそうやって物語を描かれるそうです。
荒川さんにCLAMPさん。
自分の好きなマンガ家さんが田中先生の原作をマンガ化してくれるなんで。
因みにCLAMPさんは主に、イラスト担当でしたけど。
原作者様の寿命が尽きない内に全作品完結する事を祈るばかりです。

ミントさん

気づくのに遅れました。
コメントありがとうございます。

> 結末を決めて逆算してストーリーを書く
> CLAMPさんもそうやって物語を描かれるそうです。
おー、そうなんですねー。
言われてみれば、あの人たちはいろいろ考え抜いて創作しているのを
ビシバシ感じますね。

> 原作者様の寿命が尽きない内に全作品完結する事を祈るばかりです。
同感(笑)
そして自分の視力を含めた健康も保ちたいなと…
プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking