町長になった半沢直樹:ドラマW『プラチナタウン』

好評のうちに終了したドラマ『半沢直樹』。
私も夢中になって見ましたが
世間的にも大好評で高視聴率だったようでなによりです。

今世紀1位の最高視聴率だったとか…!

まじすか。
確かに最終回のラストは

さ~あ、来週の『半沢』も楽しみだぞ~!

と、普通に考えるほどの勢いを持続したままでしたから。
なんじゃあのヒキ。
当然、続編来るだろう?!

と期待して待っております。
できれば映画ではなくドラマがいいです。毎週楽しみたいから!

ま、とりあえずは完結です。
しかしこのぽっかりと空いた胸の穴を埋めるようなドラマを見たいものだ。
なんぞないだろうか。

これはどうじゃろか? と選んだドラマがドンピシャ!

まるで半沢が町長になって帰ってきたかのような内容。
主演は堺さんではなく大泉洋さんですが
大泉さんも好きなので問題ないです!

プラチナタウン [Blu-ray]プラチナタウン [Blu-ray]
(2013/02/22)
大泉洋、檀れい 他

商品詳細を見る

プラチナタウン 全5話

原作は楡周平さんの同名小説。
ですが、私は未読。

WOWOWで制作されたドラマ。
渋くて良質なドラマが多いので期待したのですが
大当たり。

舞台は北海道。
登別から車で1時間ほどの場所にある緑原町(架空)。

巨額の負債を抱えた故郷のため勤めていた商社を辞め
町長になった主人公(大泉洋
裏表なくまっすぐに復興に努める姿は半沢に重なります。
しかも四面楚歌な状況を情と信念で打破していくのも同じ。

今回の敵は政治家だ!

自分の利益とメンツばかりを気にする奴らが相手です。
緑原という町を本当に思っているなら
負債が150億にまで膨れ上がることはなかったはずですが
未だ打開策は見いだせず無為無策のまま放置。

そこへ意気揚々と現れた新町長の
“老人向けテーマパーク計画”に一度は賛成しておきながら
「入札で」という言葉を聞いた途端、妨害開始。

自分たちが主導権を握れないからって…セコイっ!

しかし、町の人の町長への期待は高い。
そして地元の幼なじみたちの協力、元職場の同期・元彼女の力添えもあり
徐々に実現に向けて前進。

この幼なじみや同期の存在がいいんですよ。

公私ともに手伝ってくれる副町長(平山浩之
もはや自分の利益関係なく協力してくれる同期(田中直樹
夢に向けてともに歩んでくれる元彼女(壇れい

それに
ツンデレな経理担当?(マギー
まるで半沢のような過去を持つ部下(谷村美月
良くも悪くもわかりやすい役場のひとたちもよかった。

特に親身になってくれる同期が
『半沢』の近藤くんのような絆で素晴らしい!
自分の手を離れることになっても
このプランが実現されることを望む
、とほかの人に託す姿に感動。

それに引き替え
育てた部下に逃げられた形の元上司の心の狭さよ。

成功を妬んで妨害?

まあ、その反対理由を聞いたらみごとに弱点を突いていたのですが
それにしたってもっと歩み寄ってくれてもいいのに…


以下、盛大にネタバレしますのでご注意ください。


でも個人的にはネタバレしても問題なく楽しめると思います。


しかし、しかしですぞ。
かつてのライバル会社のコジマ(渡部篤郎)が手を差し伸べてくれるのだ!

実は同じ志を持っていたコジマ。
町長の理念に共感して自ら提携先として立候補してくれたのだ。
それも弱点を打開するアイデアも引っ提げて!!

実は渡部篤郎さん、好きなんです。
何年も前(20年くらい?)の日テレのドラマ『ストーカー』から
ずっと応援しているのだ。
初制作映画公開時には舞台挨拶にも行ったくらいだ。
割と癖のある役、っていうか悪いひとの役が多い渡部さんなので
今回はどうなの~? と思いながら見ていたら

なんと主人公に味方、それも助けてくれるヒーロー的ポジションですよ!

私のテンションうなぎ上り!!
好きな渡部さんが好きな大泉さんを助けてくれるなんて~!
やだもう、このドラマ超楽しいんですけどっ!!

とまあ、私の個人的な思い入れもありますが
このドラマ、おもしろいです。

故郷のために
既存の施設の再生
高齢者へのサービス提供
雇用を生み出し
税収アップ

そのすべてを盛り込んだ計画を妨害しようとする奴らに倍返しだ!

「倍返し」とは言いませんけど(このドラマは約1年前の放送)。
でも「倍返し」的展開が待っています。

そう来なくっちゃ! という展開で大変満足できます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking