ひさしぶりに予習をしたぞ:陰陽師 滝夜叉姫

新作歌舞伎の原作でございます。
あれ? そもそも小説の感想が久しぶりですね。
読んではいるんですけどね。感想サボってました(笑)

夢枕センセの陰陽師は…
最初の1・2冊を読んで以来。

あとは岡野玲子さんのマンガと
萬斎さんの映画。

マンガとは全然違うな!
こんな話なかったと思うんですが…
映画は踏襲しているのかな?
あんまり覚えていないのですが(苦笑)

ドラマでも晴明さんの話はいくつか見ていますが
あれは夢枕センセの原作なんだろうか??




陰陽師 滝夜叉姫 上下巻 (夢枕獏)

陰陽師・安倍晴明なんですよね。
改めて読んでみると陰陽師ってアクションないんですよ…

どーすんの、染さん?!

けど、映画で萬斎さんの晴明さんは結構動いていたから
その路線を期待したい!!
せっかく染さんなのに立ち回りないのはさみしいからな。

しかし歌舞伎になることを前提に読んでいるせいか
この話は歌舞伎に向いていると思いました。

登場人物多いし
歌舞伎でおなじみのキャラも多いし
実は…的展開があるし
とにかく派手!

牛車をひっぱるくらいの大蜘蛛やら
動き回る首なし死体とか
実は…的展開のある五頭の蛇が出てきますよ~。
どうするんだろうか?

あと変顔虫、どうするんだろう?
これは欠かせないですよね。
うひひ。楽しみ!

意外なことに滝夜叉姫がけなげでかわいかった!

幸せになれ!
と念じながら読んでしまった。
意外なことになったな…

原作では対等な立場の晴明と博雅ですが
今回の配役では晴明さんのほうが上って感じになりそうだな。

ま、それはそれでアリ!

どんな感じになっているかは明日、確認できます!
明日の夜の部、歌舞伎座に見参です!!

いや~、予習、ギリギリだったな…
図書館で借りたんだけど、同じことを考えた人がいたようで
貸出中で取り寄せに時間がかかったんですよ。
間に合ってよかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking