敦子がカワイイ!:王子様と灰色の日々 1~3巻

とりかえ・ばや』を読んで
ざ・ちぇんじ』を読み返したら
入れ替わりものを読みたくなってしまった…

またニッチなとこに陥ったものだ(苦笑)

しかし、ないこたないもんです。
日本のマンガ、スバラシイ!!




王子様と灰色の日々 1~3巻 (山中ヒコ)

ヒロインは「この世で一番不幸なことってなんだろう」と
考え続ける大川敦子(17)女子高生。
人を好きになること」が一番不幸だと結論付けた
ブサイク(だと本人は思っている)で貧乏な女子高生。

働かずに飲んだくれている親父が身内では貧乏にもなりますな。
バイトしようにも“高校生不可”の壁が立ちはだかるので
冒頭から援交まがいなことして愚かなオッサンから巻き上げています。
おいおい。

ある日、偶然出会った王子様とそのお付きの2人に
無理やりお持ち帰りされ
服を脱げ

ギャー! どうなっちゃうの?!

と思ったら、王子様
実は女装がしたくて敦子の着るセーラー服をご所望だったのだ。
変態か!

その代わりに敦子は王子様の制服を着ると
あら不思議。ふたりはそっくりだったのです。

おお、『王子と乞食』か!

というわけで、失踪した王子様の代わりに
成功報酬100万円という条件で
お屋敷で王子様として過ごすことになった敦子。

いや、お金に目がくらんで引き受けたわけではないんですが…

親切にしてくれた信也の窮地を救おうと引き受けたのがきっかけです。
悪い子ではないんです。
けど

この世で一番不幸なことは人を好きになること

と断じながらの決意ですからねー。
ホラもう好きになったから迷惑被るじゃんみたいな考え方されては(悩)

だいたいの言い方が腹黒いから~。
遼は屈折しているので素直な物言いをしないので
裏を読まないといけないのだ。

素直で善良な敦子には遼の真意がなかなか通じない。
そう。敦子は善良なのだ。
王子様のためにフォローをする遼たちの姿を見て
自分も協力しようと自発的に王子様に成りすます工夫をしたり
努力を惜しまないいい子なんです。

それというのも今まで邪険に扱われてきたので
遼にねぎらいの言葉をかけてもらったり
執事の渋沢に感謝されて嬉しくなってしまったのだ。

不憫っ! 敦子、幸せになれっ!
そのためには信也はダメだ。遼にしておけ!!


しかし努力の甲斐なく
身近なひとにはどんどんバレてしまうんですが(苦笑)

でも持ち前の善良さでなんとか乗り切る敦子。
他人に触れられるとアレルギー起こしてしまうのによく頑張っている。
ほんといい子なんだよ~。

難ありキャラが出てきても酷いことにならないのは
敦子の善良さに感化されて周囲までいい子になっているからだと思う。
人間は本来善いものである、という説を思い出します。

それに王子様に成りすますようになってから各段にかわいくなった。
本来、こんなにかわいいんだ。
それを押さえつけていた親父の罪は大きい。

一方、失踪した王子様・はどうしているかと言うと
新宿で働いていました…

え、そこまでして女装したいのか?!

ていうか…信也と…??
あれ? これは少女マンガですよね??

あー…まあ、そっちはどうでもいいや。
私は遼と敦子が幸せになることを祈ります!
大丈夫。お互い惹かれあっています。
あとは伝えるだけだ!

このふたりの場合、それが実に困難なのが心配ですがね。

私は敦子がかわいくてしかたないのだ。
人を好きになることは不幸だと言いつつ
好きな人のために頑張ろうとする姿がけなげで
追いつめずにひとを信じて対応する姿が愛おしい。

あれ、4巻も出ていたのか!
まだ読んでいない…
もうここまでネタにしちゃったから3巻までの感想ってことで
アップしてしまおう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking