イケメンだから許される、けどそれだけじゃない:ぽちゃまに 1・2巻

ぽっちゃりな女の子が好みの男子とぽっちゃり女子の物語。
ぽっちゃりマニア、略して“ぽちゃまに”。

マ、マニアックすぎないか?!

ちょっと慄きながら手に取ってみた。
あれっ? 予想外に楽しめるぞ。
それどころかめちゃくちゃ好みだったんですけどっ!




ぽちゃまに 1・2巻 (平間要)

好きになる絶対条件が“ぽっちゃり”。
それゆえ“正真正銘のグッドルッキングガイ”な田上
“残念なイケメン”として周囲から失望され中。

しかし、本人は周囲の評価はどこ吹く風。
まったく気にしないマイペースな性格で独特のテンポの持ち主

表情の変化が乏しいので考えがわかりにくい…と思いきや
欲求に忠実なので実にわかりやすい。
かわいいイケメンです。
私は表情が変わらないのになんかわかるってキャラが大好きなので
田上の存在だけで満足!


そんな田上が見初めたのがこの物語のヒロイン本橋紬
田上より1歳年上の高校2年生。

いい塩梅にぽっちゃりな彼女はいつもにこやかな癒し系。
でもその体型ゆえに恋愛には消極的。
オシの強い田上に押されて友達から始めることに。

なんだけど…
類まれなぽっちゃりマニアな田上が
紬のぽっちゃりな二の腕(やその他もろもろ)を
ぷにぷにしたい欲求と闘う様子が、ヤバイ。

似た感触のリラックスボールを常備して欲求を解消とか(笑)

田上~。
あんた外見がいいから許されるけど
少女マンガの相手役としてこれはドン引きの域だぞ。


でも田上、ぽっちゃりに盲目なマニアではありませんでした。
紬だから選んだ、という明確な理由があったのです!

その理由が紬の長所そのもので
少女マンガの相手役として最高の理由
でした。

いいぞ!
残念なイケメン返上だ!!


だけど、紬の方にも問題があって
自分のぽっちゃりに引け目を感じ
イケメン田上の隣には自分は相応しくないと悩んだりしつつ
絆を深めていくふたり。

田上の包容力が試される!
が、
紬への愛の深さは半端ないので揺るがないのが頼もしい!

紬は本当にいい子なので幸せになってほしいのだ。


そういうところも見どころですが
触りたがりの田上が相手ですからどうしてもスキンシップ過多。
そのあたりも紬の悩みの種に。

触られてるだけでそう思えるなんて
すごい大切に触れられてるからだろ
 byまみちゃん

すごいな田上!
というわけでちょっとエロいです(笑)


それにしても新しい少女マンガです。
これまでなら「実は」な展開になりそうなものですが
ぼっちゃりなまま突き進みそうです。

メガネを取ると美人、とか
 痩せると美人、とか
 髪切ると美人、とか
 着替えると美人、とか

外見を変えず中身を磨いて
それを見破ってくれる相手に出会う
まさに少女マンガな展開!


あ、『薔薇のために』(吉村明美)を読みたくなってきた。
あれもコンプレックス抱えたヒロインが
イケメンに愛されまくる話だった…懐かしい。

ゆりちゃん前向きでかわいかったなー。
スミレさんはイケメンで悲恋エピソードの持ち主だったのに
ちょっと変だった。
あれ? じゃあスミレさんも残念イケメンか?(笑)

あらやだ、今も昔も好みが変わっていないのかワタシ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking