花井のヒキの良さは揺るぎない!:2013年9月号

わーい、追いついた~。
これで宿題(?)は片付いたぞ。

お待たせいたしました。
あまりに長い間おお振りカテゴリーに変化がなかったので
忘れられてしまったかもしれませんが(苦笑)

でも沈黙していた間も気にかけてくれた方はいらっしゃったようで
何か月もおお振り関係の最新ページだった
2013年4月号のアクセス数がとんでもないことになっていて笑いました。
当ブログ2位の人気ページになっていました!

そして久々過ぎて約束事を忘れていて笑いました。

ネタバレ注意を毎回警告していたんでしたね。
ネタバレを求めていらっしゃるひとばかりだと思うので
なくてもいいか?
思いつつ、今回復活。

でもバックナンバーは止めます。
あれ、意外と地味に大変なんですよ(苦笑)
カテゴリー独立させているしもういいか、と。


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

抽選会ではまず
代表40校の投票によりシード4校が選ばれる


え?! シードってそうやって選ぶんだ?!
過去の成績から決めるんだとばかり…

シードは
ARC・千朶・春日部市立・日農大付の4校になりました。

ARCと千朶が2強なのは新チームでも変わらない
あの2つが決勝前に潰しあってくれりゃあるいは…って
考え方もあるのに
みんなバカ正直に投票すんだよな……


と腹黒いことを考えるのは利央(笑)
この子は顔の割に考え方が…
阿部といい、利央といい、捕手の特性かね?
いや、私も投票で決めるならそういうのもあり、と考えましたけど。

アレ? 桐青は?! シードじゃないの??
和さん抜けたから?
いや、それよりなんで利央?
先輩たくさんいるのに抽選会に来るんだ。
桐青の次期キャプテン候補なの?? それとも…暇なのか?

その利央が見守る中、花井が引き当てました!
シード校にして2強の一角・千朶の対戦相手というポジションを!!

さすがだ花井! 君にはクジの神様がついている!!

帰りの電車でうつむいて顔を覆う花井(笑)
たまりかねた栄口が「そんな気重くなることないんじゃない?」と
声をかけます。

あのさ
この世に千朶がいるって――わかってたか?


なんだかオカシナことを言い始めましたよ。
キャプテンしっかり!

でも私もなんとなく千朶やARCに当たるのはもっと先だと思っていた。
ARCはなんだかんだで話題になるし
活躍も聞くからその存在は忘れないんですけど
千朶はイマイチ具体的じゃなかったからマボロシっぽい感じがしていたな。
そこへ対戦相手として登場して、初めて目に見えた気がする。

ま、花井はそういうことではないようですけど。

対戦が決まって
はじめて相手の強さをリアルに感じるってわけか
 by栄口

慎重なのは大事だけど
気弱に見えたらダメだぞキャプテン、とクギを刺す栄口。

そんな余裕を見せる栄口は
シニア時代にチーム数が少なかったため
ナンバーワンとも対戦したことがあるので
悪い意味で“慣れ”はあるよ」とのこと。

さらに「たぶん千朶はスタメン一軍じゃないよ」と分析。
それで「お そーかも」と浮上する花井。
強打売りにしてるようなチームは三橋の球には初め合わないかも
と予想しつつ

オレは花井なら
千朶のエースからだって打てると思うよ


?!
お、お世辞なの? 花井を勢いづかせようとしているの??
栄口は、真・顔・だ。
言われた花井が「いや いやいやいや」と照れまくり(笑)

つか
打てなきゃ困る
花井だけじゃなく全員がね


あ、そういうこと。
栄口も思考が“甲子園優勝”で頼もしい。

花井の弱気は…
これはもはや、この人の持ち味なので最初はしかたない。
とりあえず躊躇う。
石橋叩いて渡るタイプ思考だから。
あとカッコつけだからな(笑)

…千朶…?!

抽選結果を聞いた第一声。
呆然と若干の引き攣りと仰天の1コマをおいて

もう
どーせならARC引いてこいよ


はステキだな~。

ARCは4市大会でもやれるけど
千朶は公式戦でないとなかなかできないよ


巣山ポジティブ!

おお! いいクジだ!
花井 けっこークジ運いいな!


さすが田島(笑)

それぞれの反応を見ていた水谷

オレ達ずーっと三橋のぞいて打率がペケとペケ2なんだよ
オレらが打率上げればそれらがチームの底上げに直結するんだよ
だから


沖が危機感を持ちましたよ。
沖も目標に向かって行動だ!

水谷も「手の平ガチボコ」でがんばっているそうなので見守りましょう。

――えっ 千朶!

さすがにコーチもびっくり。
でもただ驚いているだけではありません。
ARCを倒すためにも「ここを抑えらんなきゃ先はない!」と
切り返してくれます。

モモカンの反応も見てみたかったな~。
どんなだったんだろ?
やっぱびっくりして、すぐに前向きなこと言ったのかな。

阿部と三橋は
60mのロングキャッチボールやっているらしいですよ。
昼休みに。
部活中は60mも確保できないから苦肉の策らしいです。
でもまぁ、このふたりには苦でもないんでしょうが(笑)

コーチからフォームの気になる点を指摘されました。
大会中なので試合までに間に合うようなら今
ムリそうなら大会後という条件で試してみることに。

すっごく丁寧に進めるのね。
やる気満々のコーチ、またしても事前にいろいろ用意しています。
やる気なら三橋も満々!
さっそく試してみますが
歩幅を気にするとコントロールまで神経が届かず

とりあえずやめとくか!

そっすね!!

終~了~。

謎に包まれた千朶野球部の描写がついに!
グラウンドは広いですが複数の部活で分け合っています。
あれ? 練習環境は西浦とそう変わらない…?

対戦相手になった西浦に対する知識は

武蔵野に勝ったとこ
1年だけ
榛名からたしか4点取ってる
公立(生徒集めてないよな?)
武蔵野もほとんど1年ばっかだから
点入ったのは打った時だけじゃねーし


この程度ですよ。
ここまで話した後

そん次はどこ?
たぶん川口中央


西浦に対する興味は失せたようです…
これは…勝てる!
ような気がしてきました。

どっかのチームみたいに
イヤになるほど研究してきたりされたらタイヘンですが
千朶がこの調子なら可能性は高い。
いや、これから研究するのかもしれませんけど。

千朶のコーチは千朶OBのようですね。
自分たちの代では
こんな窮屈なグラウンドで目指せ甲子園とかムチャ言うな」と思ったらしい。
年齢はモモカンのパパンと同じくらいかな。
知り合いだったら面白いな(にやり)

こいつらけして
負けをグラウンドのせいにはしない


わー、いい子たちですねー。

限られた環境で
今や千朶は“強打のチーム”
こんなノックしかできなくても外野エラーはずっとないし


わー、頼もしいですねー。

その上今年は
好投手・宮森と
一級品の打者・櫻井が順調に育ってくれた


わー、羨ましいですねー。
しかし、このふたりの紹介
好投手がバット持っていて
一級品の打者がグローブなの?
逆のほうがイメージしやすかったな…

ただの弱小私立高を
10年かけてここまでのチームにした監督のためにも
野球の神様
そろそろ甲子園へ行かせてくれよ!


え! まだ千朶って甲子園いったことなかったの?!
ああ、そうなの…

いやしかし弱小高を10年かけて育てた監督ですら
甲子園には行っていないとか言われたら
どうしたって西浦と重ねてしまいます。
西浦は1年目ですけど…
甲子園への道は平坦ではないってことですな。

夜。
自宅の庭で

シャドウは投球じゃないんだから
大丈夫 だよね


と教わったフォームで練習する三橋。
え! ほんとに大丈夫?!

ステップ幅を直すのってけっこう大変でね

ってパパン言ってたじゃん!
阿部とも「誰も見ていないときはやらない」って約束したじゃん!

わー、こわいよう。
練習の甲斐あって試合で大変身! って結果になるといいんだけど~。

すいません。
私、基本が花井なのでどうしても心配が先に立ってしまうんです…


おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking