来るのか? アルスラーンの時代が?!

遅ればせながら気づきましたよ。
田中芳樹原作の『アルスラーン戦記』がマンガ化されていたことに。

いや過去にマンガ化されていたのは知っていますよ!
読んだことはないんですけど。
知識として知っています。
あのときは少女マンガでしたっけ?

今回は少年マンガです!
それも今をときめく“別冊少年マガジン”!

アニメも絶好調の『進撃の巨人』が載っている雑誌ですよ。
講談社漫画賞を取った『どうぶつの国』も載っている雑誌です。
『どうぶつの国』もいずれ読みたい…

が、今回の話題は『アルスラーン戦記』
新連載、表紙を飾っていたので気づけました。

て、いうかさ、マンガを描いたのがまさかの荒川弘ですよ!

アルスラーン戦記
田中芳樹
荒川弘


の文字が視界に入った時
文字しか認識しませんでしたよ、私の脳は。

全く知らなかった…

あやうく本屋で声を上げるところでした。
あぶねあぶね。
地元の本屋なのに。
よく利用する本屋なのに悪目立ちするところでした。

動揺のあまり「買う」という決断ができなかった~。

平静を装って素通り。
誰に対して見栄を張っているのだわたし?!

いまスッゴイ後悔しています。
買えばよかった。
スゲー読みたいっ!

だってさー、『鋼の錬金術師』の荒川弘ですよ?
てことは、だよ。
大佐の要素を含んだダリューンを拝めるのかもしれないじゃん!

大佐もダリューンも好きな私にはなによりのご褒美!!

別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]別冊 少年マガジン 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/07/09)
不明

商品詳細を見る


表紙には白髪の少年…
これはアルスラーンだよね? 肩にアズライール乗っけてるし。
背後の白髪の男性は誰?
まさかダリューン、じゃないよね?
あれじゃ“黒衣の戦士”の要素皆無だ。

つーか、アルスラーンて白髪なの?
アニメでもそんな感じだったけど
それはアニメだからだと思っていたんだけど
そんな描写が原作にあったのか…??

あ。「晴れ渡った夜空のような」?
いや違う。
ありゃ瞳の描写だ。

あー、読みたーい。
明日買うかー?
買いそーう。
…買ったらいいよ、明日の私。

で、だ。
原作の新刊はいつ出るのかな? ←一応触れておかないとね(笑)

あれ? Amazon検索したら
光文社文庫からも出てるの?
またイラスト変わってるし。
ちょっと! 山田章博さんじゃないですか?!
うはー、知らなかったー。どんだけ疎いの私…

え、じゃあ今後
新刊はどのサイズで出るの??
すでにデコボコだからこれ以上変わるのは勘弁していただきたい。
ま、いつ出るんだかわからないんだけどさ。

こうなったらマンガで完結させてもらってもいいような気がしてくる。
荒川さんなら原作飛び越えて
オリジナルな完結させても面白くなりそうだ!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私今までの通りすがりさんです
映画の(無農薬りんご)ほうは不適切なコメント独り善がりだった事を
お詫びします。
荒川さんのマンガは期待してますけど・・
原作者の田中さんが自分自身が納得するために時間をかけて
小説を書かれますから。
この物語原作終了まで、荒川さんにマンガを描いていただきたいと思ってます

ミントさん

映画のほうのコメントはざっと読んで意味が分からず
広告?
と思って削除してしまいました…
こちらこそよく読まず失礼いたしました。
割と来るんです、広告。なので削除にためらいがなかったのです。

> 原作者の田中さんが自分自身が納得するために時間をかけて
にしても時間かかりすぎですよ~。
完結する前に私が死んじゃったら化けて出ないといけないことに(笑)

でもマンガは第1部を描くようなのでご安心を。

早く続きを読みたいな~。
まだナルサスの顔がわからないし
ファランギースとか超楽しみ!
個人的にはギスカールとジャスワントの登場が待ち遠しいです。

コメントありがとうございました!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking