大変なことをさらりと語る:ナガサレール・イエタテール

2011年3月11日の大震災について語った話題作。
ようやく読みました。

宮城県に実家のある作者
実家が流され
母と祖母が避難生活
そんな最中、祖母の痴呆が進み
祖母のためにも家を再建することを余儀なくされた作者の成長記


というあらすじを聞いていました。

どんだけヘヴィーなマンガなんだろう…

そう思わせるあらすじですが
感想を聞くと

笑えて泣ける

とある。

へえ~。笑えるんだ??

一気に読む気になりました。


ナガサレール イエタテールナガサレール イエタテール
(2013/03/06)
ニコ・ニコルソン

商品詳細を見る


読んでみたら
予想したような「笑い」はありませんでしたが
ツラい、大変、だけではない要素があったので読みやすかった。

ああ、自虐的な笑いは随所にありました。

ボランティアのひとたちに片づけてもらった流された家に
大切に保管された過去、とか。

かつてハマった芸能人の写真とか
かつて描いた自作の作品などの
できればひとめに晒したくないものと再会したときの叫びがオカシイ。

体験したひとでないとわからないことが
いろいろ書かれているのが興味深い。


ふだんは「厚かましい」扱いのひとの意外な活躍とか
カップラーメンは全滅だけどアルミ袋のものは無事だったとか
頼りになる自衛隊のアイドル化とか
大工がモテモテとか
目視で被害判定とか
リフォーム詐欺や盗難などの犯罪とか
リフォームの希望が三者三様バラバラとか
保険大事! 超大事!! とか
危険認定された地域は公園や産業用地になるとか


なんとか再建の計画を立てていた矢先

母がガン!

という急展開!!
これを受けて「私がしっかりしなければ…!」と立ち上がる作者。

考えてみれば
大きな手術を終えた親にかける言葉なんて
私にもわからない。

お つかれ!

は、上出来かもしれない…
それ以外にも家を建てるための対応やら
手術に至るまでの手続き
祖母の相手
親戚とのやりとり、全部やったんだもんね。

それを大変そうに描かないニコ・ニコルソンさん。

それは絵柄によるところが大きいですが
かと言って
コメディに走りすぎるわけではないバランス感覚。
得難い資質だと思います。

神はいないので神棚はいりません

これは困難を乗り越えたひとにしか言えない明言!
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この漫画、出た時ツイッターでもRTで回って来て気になってたんですよ。
今の今まで忘れてたんですけどw

> コメディに走りすぎるわけではないバランス感覚。

ほほぅ。そう言われると、読みたくなります。
大震災だけじゃなかったんですね、これ。

まるあ嬢お忙しいのに、漫画やらアニメやらいつチェックされてるんだろう?
寝てるの?寝てないの?寝てないの?寝てないの?

よーこさん

> この漫画、出た時ツイッターでもRTで回って来て気になってたんですよ。
> 今の今まで忘れてたんですけどw
そうなんです。話題になったのはちょっと前なんですよね。
私も遅ればせながら…ですが読んでみましたよ。

> 大震災だけじゃなかったんですね、これ。
山あり谷ありですよ。
こんな短期間に立て続けに~(悩)
実話だっていうから恐ろしい。

> 寝てるの?寝てないの?寝てないの?寝てないの?
たまに寝てます(笑)
1~3月はアニメばっかでしたよ。
4月に入ってからようやくマンガや小説を読み、映画を観て…と
人並み(?)の生活ができるようになりました。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking