♪私のなかに~天使と悪魔が~い~る~:銀河英雄伝説@TAKARAZUKA

間に違う芝居の感想を挟んでしまいましたが
がんばってまとめとく。

第2幕の感想です。
まさかこんなに長くなるとは…

銀英伝よりアルスラーン派で
原作読んだのは遥か昔の中学生のころで
宝塚は(たぶん)10年ぶり。

うろ覚えだから楽しいのか? いやいや、アレンジが上手なんだ!

第2幕の感想は第1幕以上に原作忘れがひどいです。
なんでそれを忘れているの?!
と総ツッコミされそうな重要事項を忘れていたことが発覚します。
自分でもビックリした。

第1幕の感想はこちら ♪ブル~ブル~アーイスブル~


戦闘はダンスで表現するのだ。
当然、揃っています!
キルヒアイスの足が見事に上がってテンションあがった!
さすが帝国軍!

同盟軍はダンスバラバラなイメージですが…
んなことない!
ビッテンフェルトの勇み足もあり帝国軍を追いつめる活躍!

しかし、おかげでキルヒアイスの見せ場だ!!

完全勝利を逃して悔しがるラインハルト
いいじゃん、勝ったんだから~。

斜陽な帝国にあって
唯一、飛ぶ鳥を落とす勢いのラインハルトを妬む旧勢力。
貴族連合なんて有名無実っぽいのを組織し始めました。
勝手にするがいい!

それより問題なのはラインハルトがどんどん堕ちていくことだ。
オーベルシュタインの策略と口車に乗って
交換する捕虜のなかに工作員を潜ませるとか…
なんて卑怯な!!

キルヒアイスに秘密ってことはこれが卑怯って自覚はあるんだよね?

捕虜交換の場面が平和なだけに残念。
キルヒアイスとヤンが「通じ合った」場面は名場面!
しかし、「通じ合う」ってのは反逆罪に問われかねないぞ
気をつけろキルヒアイス(笑)

あの手この手でラインハルトからキルヒアイスを離して
自分が右腕になろうと必死なオーベですが
さらなるライバルが!

ヒルダが自前(たぶん)の軍服を着用して再登場。
ヒルダとラインハルトのロマンスは甘酸っぱいです。
これは正直、原作超えていると思います!

貴族連合のおかげで帝国サイドはゴタゴタして混乱を極めます。
このあたりが面倒で原作読んだとき
帝国サイドに興味を持てなかった、というのもあるんだよなー。

しかし、そんな中でひとりきらめいているのがアンスバッハ
この人、なんでこっち側にいるんだろう?
血筋にしがみつく貴族のなかにあってかなりのバランス感覚。
まともっぽいんだよな~。

妙に目立つ…のはこの人好みの顔をしているからなのか(笑)

すぐ見つけられるんだよな~。
あとオッサンたちに囲まれているから
輝いて見えるのはあるかも。

一方、同盟側もゴタゴタしています。
フレデリカの父が反逆?
…そんなことありましたっけ??(同盟に対してもこの記憶力…)

オフレッサー?! だっダレ?!
あっちゅー間に退場。あ、覚えなくていいのか。
貴族を裏切った罪で死刑とかどんだけ恐怖政治。

貴族は貴族らしく庶民のテリトリーにしゃしゃり出てくるなよ~。
それなのにその態度?
そりゃあ反感買うわ。
だからって、その場の貴族皆殺し?!
早い、早いよ展開が!

ん? イゼルローンにヤン??
いつの間に???

あ、ジェシカ暗殺?
…うん。それは覚えている、というか思い出した。
これって2巻よりあとのエピソードだよね?
ジェシカの存在をすっかり忘れたころの出来事で
原作読んで「???」となったんだよ(サイテー)

はー、その犯人が工作員・リンチなのか。

フレデリカの父は自決。
それを報告するユリアンが女の子に見える。
というか、ヒルダがヤンに話しかけている?? と混乱した(苦笑)

ロイエンタールって貴族に恨みがあったんだっけ?(忘れている)
あ、父が貴族なんだけど認知されなかったとかそんなん?

ブラウンシュバイク公も死亡。
これでアンスバッハに枷がなくなるね!
これを手柄にラインハルト陣営に加わるといいんだ!

このあたりで盛大なカンチガイが開始されます。

うーむ。ラインハルトは弱すぎやしませんかね?
簡単にオーベに説得されるなよ~。
キミの目指すところはどこ?

自分にとって天使(キルヒアイス)と悪魔(オーベ)って
わかっているんなら
天使を信じればいいのでは?

悪魔扱いされたオーベが不憫。
オーベは参謀として普通に提案している。
それをうまくさばけないのは司令として問題だぞ。

後ろめたいからキルヒアイスに言えなかったんでしょ?
それを正当化しようとするから無理が出る。
戦略う~? セコイことばかりして!

お前はいったいオレのなんだ?

そう聞かれたら「部下」と答えるしかないじゃん!
その前に幼なじみで親友でしょう??
じゃあ聞くけど、お前にとってキルヒアイスはなんだ?
良心でしょ? 天使(笑)でしょ?
そこから目をそらしたらダメでしょ~。

そしてクライマックス。

アンスバッハがお土産持参で来るあの場面。
おお、ローエングラム陣営に自分を売り込みに来たんだね?
と、思ったら…

え! アンスバッハがローエングラム候暗殺未遂の犯人?!
というか
キルヒアイス殺害の実行犯?!

まさかの展開が待っていました。
原作読んで知っている展開通りなのに
こんなにビックリするはめになるとは(呆然)

本当に私は原作を読んだのか?!

でも、これに関しては言い訳があります! 聞いてください!!

キルヒアイスの死亡はラインハルトのせいだと思っていますから。
あのひとが武器NGにしたからキルヒアイスが死んだんだー!
と思い続けていますから。

武器NGにしたことは覚えている。
原作読んで「なんで?!」と盛大に憤慨したことも覚えている。
そのせいでお気に入りのキルヒアイスが退場したショックで
細かいことを忘れたのか?

実行犯の存在が細かいことだと言い切るワタシ(笑)

でも主君のために行動したアンスバッハの好感度はアップ
どんだけアンスバッハ贔屓なの?
我ながら笑える。

ヤンが言っていましたが
ラインハルトがどこを目指しているのか
私も知りたい。

「宿命」って言葉に踊らされているように思えてならない。

ラインハルトのお召かえが多くて眼福だったんですが
それ以上にラインハルトの堕ち度が象徴されていて素晴らしかった。

最初は真っ白すぎて眩しいくらいだったのに
だんだん黒を基調とした軍服になり
それでもマントの裏地の白さが良心を示していたのに
気がつけば血塗られた赤の裏地に…

いや、カッコいいんですけどね?

状況と行動を考えるとその赤が血を表しているんだなと
イヤでも気づくんですよ。
1幕は平和でよかった…(遠い目)


このDVDはレビューも収録されていて
…レビューは楽しめるのかな?
と不安でしたが、銀英ワールドを踏襲していて楽しかった!

レビューには女の子がたくさんでてきて
こんなに女の子がいたのか!
とビックリしましたが、そーか、これは宝塚。
宝塚は女性だけの劇団でしたね…
すっかり忘れていました。

よくこんなに綺麗な男を集めたよなー

なんて考えてみていましたから
どんだけ暢気なんだ(笑)

でもできれば“〇〇を演じた〇〇”って表示してほしかったなー。

衣装と鬘が変わると誰が誰だかわからん!
実際かなり途中まで気づかなかったよ。
アンスバッハを見つけて「ハッ」としたんだもん。

アンスバッハは衣装が変わっても気づきました。
よっぽどあの顔が好きなんだな~。

あとヤンもわかりました。
ヤンの顔も好きなんだろうか?
でもヤンが踊っていると思うと違和感…

エンディングは役の扮装で登場!

いいねいいね!
ロイエンタールとミッターマイヤーが揃って登場したのには
いいねー! わかってるねー!!
と拍手喝采。

キルヒアイスの無事な姿を見て
なんだか切なくなり
オーベの笑顔にくらくらしたところで真打登場!

ラインハルトが羽根しょって登場です!!

凄い! 違和感ない!
違和感ないのがおかしくて仕方なかった。


いやー、おもしろかった!
改めて原作読みたくなった!

今なら私、アニメ見ることできそう!
150話くらいでしたっけ?
…さすがに無理か。
レンタル屋をのぞいたら(←チェックはする)ちゃんと揃っていた。
けど大半が貸出し中だった。

え! 今でも人気なの?!
すごいな、銀河英雄伝説…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking