歳の差ものだと思ったんです:梅酒(幸田真希)

久しぶりに大きな本屋に行って思う存分滞在。

あまりに久しぶりで妙なテンションに陥り
試し読みの冊子に踊らされ、ガツガツ購入。
気がついたら散在しておりました。

恐ろしや、試し読み冊子の威力…っ

ていうか
しばらくマンガを読んでいなかったので飢えていたようで
貪るように読んでしまいました。

マンガって面白いですね!(今更?)


イラストの柔らかさと
そのイラストとの関連が全くわからない梅酒というタイトルに惹かれて
試し読みした作品。




援交もどきから始まる出会い。

え、この絵柄で援交?! 予想外!

でも絵柄の雰囲気通り
援交には至らず
真面目な中年公務員と女子高生の高村光太郎を通じた交流。

寂しいふたりが行きつく先は…?

という表題作。
なんで『梅酒』なのかと言うと
高村光太郎が梅酒をみて亡き妻を偲ぶ文章がありまして
そこを取り上げているからなんですね。

短編集
さまざまなテイストの作品が収録されていました。

主人公の性別がまちまちなのが魅力かも。
男女問わず。
共通しているのはみんななんとなく不幸

そんな中で見つける幸せ。

というわけで基本、ハッピーエンド
ええ、私には“女神の条件”も“blessing20XX”も
ハッピーエンドに見えますよ?

一番好きな話は“日溜まりの欠片

あるよね。
ピンポイントで思い出す記憶って。
それが〇ってのが珍しい(ネタバレなので伏字)。

それを聞かされたらひとによっては眉を顰めそうですが
聞かされた彼氏は引くことなく

いいおじいちゃんだったんだろ きっと

と最上級の理解を示してくれます。
その言葉でヒロインとともに落涙する私。

この彼氏、いい男!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking