夜行観覧車、カラマーゾフの兄弟、信長のシェフ…:今期は見るドラマが多すぎる!

なぜか週末に集中しているのが笑えますが
今期はおもしろいドラマが多くて時間がたりません。

見ていないドラマの中にも面白いらしいぞ情報を得ていますが
とても見られそうにないのでスルーです!


信長のシェフ

これは  原作が好きなので見はじめました
意外に(←失敬な)楽しめます。

謎の女がそう絡んでくるのか…っ!

ってところまで来ました。
原作の最新刊を読んでいないので「ほほう!」と思いましたが
これって原作通り?

そしてナイスキャスティングですよ!

亀治郎改め猿之助登場!
予告を見る限りかなり濃い役で!!
原作ではそこまで濃くなかった(笑)
怪演を期待できそうでワクワク。


カラマーゾフの兄弟

原作未読。
や、さすがにタイトルくらいは知っていますけど。
ロシア文学の最高峰(なのか?)
受験対策で暗記した。
あらすじ知らなかったんですが、こんなドロドロした話だとは…!

ドラマ自体が濃い。
話も濃いんですが、役者が濃いです!

愛欲にまみれた金の亡者である暴君親父吉田綱太郎)が殺害され
その容疑者として浮かび上がった3兄弟。

ちゃらちゃらした長男斉藤工
きっちり弁護士次男市原隼人
医者をめざす純朴な三男林遣都

長男は親父に恨みがあるのでわかりやすい容疑者ですが
次男も意に染まぬ仕事をやらされ
そのストレスを小説として書き殴る暗い一面がある容疑者で
三男はその純粋さゆえに短慮を起こしそうな危うさがある容疑者。

三者三様、おみごとな容疑者なのです!

それも暴君っぷりがお見事すぎるから説得力ありまくり!!
その暴君を演じるのが吉田綱太郎さんですよ。
重厚な演技も愛嬌たっぷりな演技もお手のもの。
今回は厭味ったらしいアクドイ企業家を高圧的に演じてくれます。

この演技を見るだけでも価値あり!

『華麗なる一族』を好きな人なら楽しめるんじゃないかな。
さらに重厚でドロドロ度増していますけど。
『華麗なる一族』にはところどころ熱血展開が待っていましたけど
こちらは救いがないかも…
すでに事件は起こっていて徐々に語られる過去が重すぎる。

けど、意外に兄弟仲は悪くないのかも??

長男と次男は反発し合っているようだけど
それだけではなさそうな気配が漂っています。
3人共謀説も視野に入れていいかもしれん。
ま、共謀はない、と思ってみていますけど。

あ、取り調べの刑事さんも濃いです。
演技がどんどんエスカレートしているような気がする(笑)


夜行観覧車

これも原作未読。
『告白』の湊かなえ原作。

高台にある高級住宅地に引っ越してきた一家。
引っ越しの際の些細な不手際から
すでに住んでいるひとたちからは「よそもの」扱いで迫害され
一人娘も中学受験に失敗して僻みっぽい子に。

唯一親切にしてくれていた向かいの家族に悲劇が起こる。
旦那さんが何者かに殺害されたのだ。
あれ? 『カラマーゾフの兄弟』じみてきた(笑)

目下のところその一家の次男が容疑者ですが
たぶん、犯人は別にいる。
じゃないと面白くない!

その事件はさておき(え?)
面白いのが高級住宅を牛耳るボス小島の存在。
このひとの機嫌を損ねたため主人公一家は迫害されることになったのだ。
その嫌がらせが小学生レベルで苦笑を禁じ得ないのですが
レベルが低いがゆえに怖い、という変な魅力があるんです。

自己中な女だから自分が中心じゃないと気がすまない。
自分がないがしろにされたと感じたらどこまでも踏み込んでいく。
余計なお節介を発揮しながらひたすら監視するそのしつこさには辟易。


どうも、この小島家、普通ではなさそうで…

まだ明らかになっていませんけど、家の描写がオカシイ。
薄暗く妙にがらんとしている。
息子夫婦のためにスペースを確保しているだけ、って見方もできますが
それにしては不自然。
それが小島夫人の精神の不安定さを暗示しているようで恐ろしいです。

そんな小島夫人が容疑者に急浮上?!

まさか犯人ってことはないと思うんですが
できれば転落してほしいキャラなのでワクワクします。


この3つのドラマは最後まで見ると思います。
あと『まほろ~』も見ています。
ながら見なので雰囲気だけ楽しんでいます。


あと『アテルイ』は全4話見届けました。
原作と違いすぎて早々に「好きにして…」とサジを投げて、ですが。

原作の素晴らしさを再確認できたドラマでした。
高橋先生は心が広い。
かつて『アテルイ』はマンガでもトンデモ作品にされていましたから。
これをきっかけにアテルイに興味を持ってもらえれば、という心意気なのかな。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking