観そびれていた映画をレンタル!

公開時、やたら観たくなって調べたりした のに
結局観そびれてしまった映画『ハンガーゲーム』

調べたのはいいけど
いつの間にか『バトルロワイアル』熱が再燃して
そっちのDVDを引っ張り出して鑑賞していたら
満足してしまったんですよね。

いやあ、今観てもおもしろい映画ですよ!
今観ると主役級の活躍をしている人たちの
初々しい姿も楽しめるし。


あんなに悲惨な状況なのに清々しい印象を残す
『バトルロワイアル』は名作だと思います。

そんな『バトルロワイアル』を連想させる設定の『ハンガーゲーム』が
レンタル開始していたので借りてみました。

ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]ハンガー・ゲーム (2枚組)初回限定仕様: スペシャル・アウターケース付き [Blu-ray]
(2013/01/16)
ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン 他

商品詳細を見る


過去の反乱を教訓に
毎年12の地区から12~18歳の男女を2名ずつ選出し
最後の1人になるまで戦わせ見世物にしている政府。

見せしめですね。

その抽選で選ばれた幼い妹の代わりに志願したヒロイン
ヒロインのために妹と母を守る約束をした幼なじみ(男)
ヒロインと同じ地区から選出された男子代表

この3名がメインに話が進む…かと思いきや
思いのほか出番の少ない幼なじみ。

ま、メインは戦いの場ですから
故郷の幼なじみの出番が減るのは仕方ない。
観る前はこの幼なじみも戦場に行くんだと思っていたのだ。

その幼なじみの吹替えをやったのが中村悠一さん。
うーむ。
せっかくわかるひとが吹替えしているのに出番が少ないとは残念だ。
でもちょいちょい別の役で参加しているようでしたけどね。
いまいち自信がもてませんが、たぶん…

実は途中まで
この幼なじみとヒロインの絆を描くのもテーマのひとつだと
思ってみていたんです。

しかし、どうも違う。

いっしょに戦いに赴くことになった男子代表とヒロインなのか?!
ちゃんと過去エピソードも用意されているし
男子代表の口から「実は好きだった」発言もあったし。

しかしその発言
言った状況が悪くてヒロインにぶん殴られる結果になるんですが(笑)
ははは。このヒロインはファイターだよなー。

戦いがスタートした直後は
男子代表の真意が読めなくてそんなにいい奴だとは思えなかった。

出番は多いのに残念ヒーローじゃのう
けど
中村さん(の役)がいるからそんなにいい奴になられても困る
と思っていたんですよ。

吹替えているのは神谷浩史さんです。
夏目(夏目友人帳)のような真摯な役も
臨也(デュラララ)のような腹黒い役もお手のものなひとです。
今回はどっちなの?!

中盤以降、どんどんいい奴になっていくんです!
ヒロインも明らかに惹かれていくんです!


いわゆる吊り橋効果ってヤツか?!
状況のドキドキが恋愛のドキドキと脳が勘違いして
恋が始まるってやつですか?!

だけど、このゲームの勝者は1人
最終的にはどっちかは死亡するという展開になるはず。
悲恋しか待っていない結末。
やっぱり中村さん(の役)が恋の勝利者か…

まさかルールが変更されるとは!

ゲームの途中で主催者から
同じ地区の2人が残ったらその2人が勝者」だとアナウンスが。

え?! 今までの苦労はいったい?!

これ、原作通りなのか??
ダメじゃないか? こんな変更。
だったら
最初から同じ地区2名のチーム戦にしてくれたほうが
面白かったのに!


ゲームの内容について触れていませんが
残念ながらあんまり面白くないんです(苦笑)
頭脳戦を期待していたのに
わりと行き当たりばったりな展開で物足りない。

『バトルロワイアル』と違って
戦うもの同士に繋がりがないから交流もないし
そして私の思い入れもないし。

あとはこの三角関係の結果が出れば終わりだ。
ヒロインはどちらを選ぶのか?!

えー、なにそのエンディング…

どっちを選んだのかはっきりしないし
続編の予感漂う最後でした。

続編、できるのかな?
この3人を戦わせるようなルールを作り上げるのかな?

当初は反乱の見せしめが目的だったはずのゲームが
いつの間にかラブの行方をのぞき見することに
趣旨が変わっているような
政府の考えブレっぷりが気になりました。

そんなんでいいのか??
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking