パンツ穿いてるの? ←ほかに気にすることあるだろジョン(笑)

ワトソンの名前はジョンだったんですね~。
シャーロック・ホームズシリーズ読んだことないもんで知りませんでした。
ホームズマイクロフトというお兄さんがいることも知らなかったし
好敵手モリアーティの存在も知らなかった…

こんな私が観ても楽しめた海外ドラマ『SHERLOCK (シャーロック)

しかもいきなりシーズン2から観はじめても虜に。

だってさ、『2』を正月休みに放送していたんだよ。
評判のいいドラマだったので観てみたかったんだよ。
レンタルって方法もあったんだけどタイミングを伺っている間に
放送されちゃったら観るしかないでしょう!

ちなみに『1』は
2013年1月15・24・31日深夜にNHK総合テレビで放送予定です。
録画決定じゃ!!

もたもたしていたら1話の放送終了してしまいましたね(苦笑)


現代にホームズが存在したらどうなっていたか、って設定のドラマ。
一応原作のエピソードをベースにしているそうですが
なにせ原作未読なもんでそのあたりのことはよくわからない。


ホームズの観察眼がデータとして画面に表示されたり
情報分析がPCによって表示されたり
ワトソンがブログでホームズの活躍をアップしていたり…

そんな場面は今風やね~とわかります。

『2』の第1話は肉食系女子が活躍する刺激的なお話。

なんでしょうね。
さっきまであんなに着る服に悩んでいたのに結局、全裸?
どーゆーチョイスだ?!

それに対抗して(?)バスローブで外出したホームズに
ワトソンがかけた言葉が

パンツ穿いてるの?

なのでした。
いや、状況的になんでそんな恰好なのかを質すべきだと思うのだけど…
このセンスがステキなんです。

女性が苦手…つーか
HOMO疑惑のあるホームズに対してオセオセな美女の話は面白かった。

このHOMO設定は原作にもあるんですか?
なんだかみんなナチュラルにネタにしていて驚いた。

しかしね、なんといっても圧巻なのが第3話

ホームズが死んだ

と憔悴して語るワトソンから始まるサスペンスタッチの最終話。
え、ラストだからってホームズ死んでもいいのか?
原作通りなのか??

人並み外れて切れ者なホームズは
周囲から極度の変人として認識されている
のですが
その設定を最大限生かした第3話は怖く、おもしろい。

恐るべしモリアーティ!

いや、ホームズのことを疑ったりはしませんでしたが
もしかしてモリアーティはホームズの想像の産物なのでは?」と
妄想してしまいましたから!

いやあ、よくできた話でした。
ラストも含めて「やられた!」と快哉を叫びました。

いやあ、素敵だ!
録画した『1』を見るのも楽しみだ!!

SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray]
(2012/10/05)
ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマン 他

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking