最近、八犬伝が注目されているの?

桜庭一樹原作の「伏 鉄砲娘の捕物帳」が公開され
歌舞伎でも上演されましたが
11月に舞台があったばかりなのに
来年3月にも舞台化が決定しております。

11月のほうは観ないままでしたが
3月のほうは観る気満々!!

だって主演が阿部サダヲなんだよ?! 観ないわけにはいかない!!


M&Oplays プロデュース『八犬伝

原作:滝沢馬琴「南総里見八犬伝」
台本:青木豪
演出:河原雅彦

犬塚信乃阿部サダヲ
犬川荘助瀬戸康史
犬山道節津田寛治
犬坂毛野中村倫也
犬村大角近藤公園
犬飼現八尾上寛之
犬江親兵衛太賀
犬田小文吾辰巳智秋
浜路二階堂ふみ
丶大法師田辺誠一

公式HP:http://www11.ocn.ne.jp/~mo-plays/hakkenden/



あれ? 田辺さんは網乾左母二郎だと思い込んでいた…
ああ、それはタッ〇ーのドラマの配役か。

そっか。主役ってことは信乃役なのか、サダヲさんは。
これは立ち回りが多そうで楽しみだっ!
てことは…女装、するんですか??
信乃と言えば女装、ってイメージもどうかと思うが(笑)

女装と言えば、毛野ですが
演じるのは中村倫也さん。
ふむ。かつて蜷川さんの舞台で拝見しましたよ。
恋の骨折り損』…ああ! これは安心ですね!!

いや、だって
扮装がイマイチだと舞台全体が残念なことになるじゃないですか。
その心配は不要のようですよ。

脚本によって印象がガラリと変わる大角
今回は近藤公園さんですか。
どういうキャラにするのかなー。
私としては歌舞伎の角太郎のように若々しいキャラだと嬉しい。

雛菊ちゃんは誰が演じるんだろう?
化け猫の件は…やべ。楽しみになってきた。

大好きな現八尾上寛之さんか。
どうも『ルーキーズ』のイメージが強いから現八ってことに違和感。
いや、まともにしているとカッコイイひとだと知っていますけど
だって『ルーキーズ』ではさぁ(苦笑)
芳流閣(だったっけか)の場面は外さないでほしいですね!

実は楽しみな津田寛治さんの道節
津田さんを舞台で観るのは初めてです。
道節なのも意外でどんな道節になるのか?!

しかしどこまでどうやってまとめてくるのかな?
長い話ですから。

舞台に備えて予習(というか復習)しておかないと。
それに最適なのが碧也ぴんくさんのマンガ『八犬伝』


馬琴先生の原作に基づくマンガですから信頼できます。
ま、いろいろ削られた部分もありますけど
重要な部分はきちんと描かれているのでばっちりだ。
ちゃんと完結しているし(ここ重要!)

角川映画の『里見八犬伝』は別物なんですよ、実は。
あれはあれで面白いんですけどね~
オリジナリティあふれすぎていて(笑)
サダヲさんもこの映画のイメージで脚本を読んで
「あれ? 違うぞ」と気づいたそうな。
真田広之になるつもりだったらしい。

1月からアニメも始まるようですが、おそらく別物…
『八犬伝 東方発見異聞』
書店でこのマンガの表紙は見たことありますけど
なんか現代ものっぽかった。
読んでみたいんですけどね。八犬伝ものはとりあえず読んでおきたい。

それはさておき3月までに
碧也さんの『八犬伝』を読むぞー!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking