2012年9月号のアフタヌーン (おお振り編)

早い…もう25日?!
つい先日、先月号の感想をあげた気がするんですけど。
あ、先月号(と先々々月号)は今月入ってからだったから
早く感じるのも当然なのか(苦笑)

しかしいい表紙ですね!
書店で見かけたときは「うっひゃ♪」と小躍りしました。
季節感満載。
しかしなぜみんな両手に持っているのだ。
食いしん坊たちめ(笑)

このイラスト、ポスターとして綴じこまれているので
表紙では文字に隠れて見えなくなっていた部分も見られます。
気が利いている~。


月刊 アフタヌーン 2012年 09月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/07/25)
不明

商品詳細を見る


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

突如サインを出し始めた秋丸に翻弄される打者・阿部
その阿部には是が非でも勝ちたい榛名
剛速球放って三振。

休憩所扱いされた水谷
本人も自覚あるようで「8割投球打ってやるぜェ!」と気合十分。

しかし本当に打つとは(驚愕)←失礼だな!

ま、本人も「おおお!!マジで!!」ですから
私が驚くのも当然でしょう!
榛名的には「気合ヌけすぎた」らしいです。あらら。

塁に出た水谷、まだまだ見せ場が続きます。
守備ザルの秋丸ですからねー。
ここは足で稼がないといけませんよ。

フォーム安定しないからコントロールバランバランなんだよ
完全に練習不足なんだよなァ
はがゆいっ


と内心後輩に思われている秋丸…
あーあ。ついに具体的にダメだしされちゃったよ。
やる気がないからこんなことになっちゃって。

指示も遅いっ
サイン出すようになったし
ポジション譲りたくないんだろ?
だったら
もっともっともっともっと!
練習してくれなきゃスよ!!


あはは。
突然のサインはポジションへの執着だと見抜かれたうえで
練習してくれとツッコまれている~。

そんなこんな(←どんなだ)でも打ちましたよ。
しかしサードゴロ。
がっちり捕球してさっそく一塁へ!
投げようとしたところに「1つ!」という言わずもがなの秋丸からの指示。

遅い!

とイラッとしたおかげで暴投。
水谷がホームへ帰って2点目ゲット。
ありがとう、清水!!

そう。ここまでの秋丸へのダメ出しは期待の後輩・清水の心の声。
やけにデキタ後輩だと思っていたら内心ではイラついていたんですね。
そうだよね、秋丸じゃあ納得いかないよね。

サイン出すのはやめねーか
ちっとうっぜーけど
これは
プラスの方向の変化だろ!


とやっぱりイラついているのは榛名も同様。
大丈夫なのか、完全にチームメイトのストレス源だぞ秋丸。
三橋のまっすぐに対しての「伸びてない」発言で名誉挽回するのか?!

榛名は阿部の思考回路を読んで
まっすぐにこだわる清水をいさめるにとどめていますが

ストレートとは言いたくねェな
バックスピンじゃねェぞあの球


と意外に本質を突いた冷静さ。
もっと思考展開すれば糸口になりそうな気がするんだけど
榛名だもんね~。無理か(笑)


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はこちら カテゴリー:おお振り が便利です。
新しい順に表示されるのが難点ですけど。

2012年

8月号おお振り編/6月号おお振り編/5月号おお振り編/4月号おお振り編/3月号おお振り編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2011年
4~10月号それ以外編/10月号ちい振り編/1~3月号それ以外編/2月号おお振り編/1月号おお振り編
2010年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編それ以外編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/4・5月号それ以外編/3月号おお振り編それ以外編/2月号おお振り編それ以外編/1月号それ以外編
2009年
12月号おお振り編それ以外編/11月号おお振り編それ以外編/10月号おお振り編四季賞2008年冬&2009年春/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking