ナナマルサンバツ 1~2巻 (杉基イクラ)

部活マンガ。
クイズ研究会のお話です。

『ちはやふる』を好きな方なら楽しめそうな漫画です。


ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)
(2011/05/02)
杉基 イクラ

商品詳細を見る


う~、久々に燃えるマンガだ。クイズですけど!

大人しい文学少年がクイズ少女に引っ張られて
クイズの世界に足を踏み入れるわけですが
この文学少年、知識量が半端ないので今後の活躍が期待できます。

クイズのセオリーを知らないので苦戦していますが
本気で勉強して傾向と対策を練ったらものすごい戦力になりそう。
なにしろ素で

一度読んだ本の内容なら識ってて当然だ…

なんて考えちゃう人ですよ!
一度どころか何度読んでも忘れちゃう人間だっているのに!!

キャラも揃っている。
最近はやり(?)の残念ヒロイン
強引ながらも実力は認めてくれているライバル
導いてくれる先輩。

笹島先輩は意外と懐が深いのかもしれない。
因縁ありそうな“深見”の妹と目される子を受け入れるし
勝つためではなく楽しむのを第一に考えているし。
過去になんかあったんだね。ふむふむ。

問い読みさんの優しさにうっとりしました。
中澤さん好き。

御来屋も好きだけど。
クイズではいけずだけどライバルの存在は受け入れて
リベンジ誘うなんていいとこあるじゃん。

真理りん由貴っちが仲良くてよかったよ…
てっきり険悪な別れをしたんだとばかり。
だって1巻ではそんな雰囲気だったじゃん! 誤解しちゃうじゃん!

各巻にクイズが70問出題されているんですが
どっちも半分くらいの正解率でした。
…微妙な成績だね(笑)
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking