どーして「王家」なんだ??

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくおねがいいたします。

なんて新年の挨拶を正月も10日になろうかという時期にようやく…(呆)
きっとこんな調子で2012年は過ぎていくのでしょう。
気まぐれな更新になりそうですがお付き合いいただけると嬉しいです。


どうもまとまった時間がとれなくて
というか、まとまった時間がとれるとガッツリマンガを読んでしまって
ネットの時間が確保できません(笑)
最近はマンガを読むのが楽しくて楽しくて!
そのうちガンガン感想がアップされることでしょう。
もちろんおお振りも!

正月休みは箱根駅伝を見ていました。
去年はおうち観戦でしたが、今年は往路のみ現地観戦です。
3位は早稲田だと思い込んでいたので3人目に窪田くんが来たときには
ビックリしました。

そうそう。一昨年見に行ったときは応援の旗が布製でしたが
今年はビニール製になっていました。経費節減?
去年はどうだったんだろう??
でもビニール製の旗には前回の順位もプリントされていたのが
ナイスアイディアでした。

近況を兼ねた言い訳はこのあたりにして、今回のタイトルのお話です。

大河ドラマの話なんですけどね。
題材を聞いた時から楽しみにしていたんですよ、今回の大河。
続々と発表されるキャストにも期待は高まるばかり。
本当に楽しみにしていたんですよ。
で、実際に見てみたら…

「王家」という単語がちりばめられているのが気になってしかたない!

それを言うなら「天皇家」じゃないの?
ワタシとしては「朝廷」で十分だと思うのですが
なぜ「王家」という単語を使うのですか?
あの変な予言も必要ですか?
清盛の出生もあんな経緯ではないような気がするんですが…

武士の地位も必要以上に低くてガッカリ。
頼朝の祖父に対する評価、低すぎじゃないですか?
自分の祖父に対してあんなこと言うのは聞いていて気分が悪いです。

ていうかさー、そういうのはセリフじゃなくて
演技や演出で伝わるようにすればいいんじゃないの?
そういう努力を怠ってドラマを作る意味って何?

あんだけ武士の地位が低ければ
そこから上り詰める主人公ってだけで楽しめるので
出生のアレコレとか予言がどうのってのはいらない気がする。
韓国ドラマじゃないんだから…

出生に関しては「その可能性もある」って程度で
それを巧みに利用するしたたかな清盛ってのが好みなんです。
あんなあからさまでは却ってひいてしまう。

ああ、もう! いまいちツボ違いなんだよな~このドラマ。
キャストはいいのになぁ。
白河法王の怪演は素晴らしかったです!!

予告の「海賊王になる」ってのもどうなの?
某麦わらの船長のようなセリフは本気ですか?
清盛がめざすのは海賊の王なんですか?
とりあえずは海賊の王をめざして、それを足掛かりに朝廷に出仕?
貴族的な駆け引きとかどうすんの?
海賊の王を頭領にするのか、平家の人たちは??
どう辻褄をあわせるんだろう(苦悩)

先が気になるような気もしますけど
「王家」って言い方が落ち着かない。
「王家」っていうのやめてくれないかな~。
ドラマに集中できないんですよね~。


白河法王を怪演していた伊東四朗さんですが
『ステップファザーステップ』でもいい味だしています。
上川さんが泥棒さんってことで見てみたドラマですが
期待以上でした。
泥棒さんの名前がないってことを踏襲しているのが嬉しいじゃないですか!

原作、大好きなんですよね~。
あの嘘くさい(笑)設定も
泥棒さんのツンデレっぷりも
双子のキャラも。

え、ご両親駆け落ちじゃなかったんだっけ??

大好きなのにすっかり忘れています(苦笑)
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking