次に手を伸ばしたのは…

『機動武闘伝Gガンダム』1・2巻、1~8話

『00』の劇場版を見て
グレンラガンぽい話を見たい! という欲求が高まり
ついに手を出してしまったGガンダム。
もう絵柄から熱血テイストで期待できます。


機動武闘伝 Gガンダム 1 [DVD]機動武闘伝 Gガンダム 1 [DVD]
(2002/12/21)
関智一、天野由梨 他

商品詳細を見る


汚れきった地球を捨てて宇宙に出た人たちが覇権を賭けて
4年に一度、各コロニーから代表を1名選び
最後の1名になるまで地球上で戦うというガンダムファイト。

4年に一度ってオリンピックかい?!
最後の一人になるまでって蠱毒??

地球全部がリングなので諸国漫遊することになるのか主人公。
全部で何か国(国じゃないけど)参加しているんだ?
最後の1人になるまでってことは
ずーっと隠れていて残り二人になったところで
疲れ切った相手を倒しても優勝なのか?
そうじゃなくて勝ち星で優劣を決めたほうがいいと思う。
一対一が原則
殺したらやり過ぎというルールは好ましい。
てことは、殺し合いではないようですが…

イマイチ、ルールがわかりません。
というのも、このファイトに選出された人たちは
超個人的事情で動いていることが多いので
そっちのほうに気を取られてしまうんですよね~。

んで、けっこうイラつく(苦笑)

騙して、他人を利用して漁夫の利を得ようとしたり
不正にファイターを捕え、不戦勝を狙ったり
人としてどうなの?! ってことがまかり通っているのがガッカリ。
それだけ社会が荒れているってことなんでしょうが…

その一方で
騎士道に生き、清々しい人がいたり
かけひきなしで真っ向から恨みを晴らそうとする人がいたり
その恨みを言い訳せずに受け入れる人がいたり。
そうか。清濁混じってちょうどいいのかもしれません。

それらに巻き込まれ翻弄されるちょっと頼りないのが主人公。

要領悪いっていうか…なんだろうね。
人として未熟なのかな。
ポリシーもないようだし、正義のために戦っているわけでもない。
家族を裏切った兄を探して父を助けようとしているんですが
その兄がラスボスになるのかな?
でもこのガンダムファイトの存在意義があやふやなので
もしかしたら変容していくのかも…と期待。

ファイターたちが力を合わせてコロニー上層部を叩くことになりそう
と予想しているんですがどうでしょうね?

地球を大事にしてほしいんですよ。
地球に住んでいる人たちのことも考えてほしい。
勝手に戦場に選んでさー
ガンダムみたいな大きなものが戦ったらどうなるかわかるだろうに。
酷過ぎ。

グレンラガンみたいに無条件で熱くなる展開だと思っていたので
ちょっとガッカリしました。

でも、戦う時に七五調になる主人公にニヤニヤしました。
なんか楽しい。
もっと多用してほしいのにあんまり言わないんだよな~。
残念。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking