儚い羊たちの祝宴 (米澤穂信)

最近、すっかり読書がご無沙汰ですが
ちょっと前に読んだ短編集。


儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
(2011/06/26)
米澤 穂信

商品詳細を見る


米澤さんの文章が好きだと実感。

バベルの会を介して繋がる物語たち。

お金持ちのお嬢様方の生活を垣間見ながら
残酷な展開へ。

語り手はお嬢様本人よりお嬢様を見つめるダレか
という図式が多いです。

時代設定はいつなのかな?
はっきりとは記されていない(はず。読み落としていなければ)。
浮世離れした雰囲気がなんとも素敵で愉快。
こういうの大好き!

帯に「ラストの1行で世界が反転」と書かれていたのをきっかけに
購入した本でしたが、大当たり!
たしかにラストの1行も良かったですが
何よりこの雰囲気がもう…っ!

久しぶりに耽溺して読んだ本でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking