ならば斬る価値もなし!

『機動戦士ガンダム00:セカンドシーズン』 第1~19話

がんばって見続けています。
ついにMXの放送に追いついてしまいました。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン4 [DVD]機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン4 [DVD]
(2009/05/26)
宮野真守、三木眞一郎 他

商品詳細を見る



4年後。
なんだかんだでソレスタルビーイング再集結。
つーか、ほんとに死んだのはロックオンだけなのか。
あとリヒティとクリス。

その代わりが弟とサジとアミューなの?

あのそっくりな弟は本当に弟なのか??
どうにも違和感があるんだけど。
なんで弟の心配はしていなかったんだ、ロックオン…

弟ロックオンはスパイなんですけど
そのあたりは簡単にバレたうえ、スルーされているのが笑える。
ここ、もっと膨らませるべきじゃないのか?
いいけど。別に卑怯なことをしているわけじゃないし。
けどミステリアスを演出しようとして不発に終わった感は拭えない。

スパイ役はアミューに奪われちゃったからね。
アミューはロザミィみたいなポジションなのかな?

唐突にソーマ=マリー説が浮上し
まるでフォウのようなマリーにわくわくしていたらあっさり解決。
スミルノフ大佐は話がわかる。
娘を見送る父親みたいになっていました。
正直に言うと家族ごっこしていた場面はうすら寒かったんですが…

アレルヤとマリーの件が片付くのを待っていたかのように
ティエリアの謎が明らかに、は、ならないんですが(笑)
ついにクローズアップです!

ティエリアには同じDNAを持つイノベイターという仲間がいるようです。

は???
同じDNA? クローン?
イノベイターってなんぞや??
揃いもそろって年齢不詳。歳とらないっぽいんだよね。

年齢だけではなく、性別も不明!
なんだ、あの女装!?
あれ女装通り越しているよ…すげーなティエリア。

イオリアの計画の上前を撥ねようとしているのがリボンズ。
うーん。
こいつ、コソコソしていてヤだな~。
イオリアのソレスタルビーイングを捨て石にする計画もヤだけど
イオリアにはまだ人間らしさが感じられる。

リボンズにはそれを感じないからな~。
ああ、人間じゃないんだっけ?
何を考えているのかわかりません。
逃した魚は大きいと気づいてからは横取りを画策してセコイんだよ。
自分で努力しないとこがほんと腹立つ。

ほかのイノベイターも繋がっていると言いつつ
勝手に動いている人もいるし。
思わせぶりだけど不発に終わらないことを祈るよ。

ま、それは最後まで見ればわかるのでしょう。
…わかるんだよね? わかんなかったらどうしよう(笑)

何考えてんだかってのはワン・リューミンにも言える。
ヘンカクヘンカクって言うけど何がそんなに不満なんだよ。
オニーサマを抑えて当主になって好き勝手してるくせに。
と思っていたらレーナ・トリニティ大暴走!
ってところで終わりました。

これでワン家、滅亡?
あの爆発では生き残れないでしょう。
でもこのシリーズは爆発では死なない人が多いので油断できません。

意外と真面目なこの話。
ガンダムシリーズってもっと油断した場面ありませんでしたっけ?
ツッコミどころがなくって困ります(苦笑)

もちろんミスター・ブシドーはツッコミどころです。

まさかこの通り名が本人的には不本意だとは思わなかった。
周りの人が勝手に呼び始めたらしいですよ。
てっきり「これからは私をミスター・ブシドーと呼べ!」と
強要したんだとばかり…
違ったのか~。

あ、ミスター・ブシドーに言っておく。
君のその恰好はブシドー全盛時代からズレているから!
でも本人が言い始めた名前じゃないからしかたないね(笑)

彼の愛機は“マスラオ”っていうんですって。
時代掛かったいい名前です!
しかも盟友・カタギリの心づくしの奥義まで装備!
やるなカタギリ! 見直したぞ。

メメント・モリは強すぎ。
これを使うことにためらいを覚えないオッサンどもに戦慄…っ
人間を滅ぼしたいの? 地球を壊したいの?

執拗に世論操作を繰り返し
自分たちの“理想”の世界を作り上げようとする奴ら。
あんな映像まで作り
目撃者は容赦なく排除しようとし
世論はそれに全く気付かない。

…ちょうこわい。
現実と完全にリンクしてるじゃないかー。
そういう現実から逃避したくてアニメを見ているのに(それだけじゃないけど)
やだー、シャレにならん。

わが身を犠牲にする覚悟でクーデターを起こしたハーキュリーは
偉かったです。
もっと協力者を増やしてから行動したらよかったのにね。
さすがスミルノフの盟友。
清廉なんだけど不器用なところがそっくりだ。

ここのエピソードは初めて心躍った熱血展開でした!

軌道エレベータ崩壊でスメラギさんが素顔を晒して通信した後
いち早く動き始めたガンダム陣営が素敵だった。
それに続くレジスタンスたち。
早く動け軍人どもっ。とイライラしていたところに
スメラギさんの盟友マネキン大佐の漢気!

みんなで力を合わせてなにかを成し遂げるのは胸が熱くなるね!
それが庶民を守ることだったらいうことなしです。
これで最終回でもよかったのに…

アンドレイのエピソードはいらぬ。
話し合え軍人どもっ!
思い込みで判断するな!!

それはルイスにも言えること。
ガンダムをいっしょくたにするなよ。
そんな曖昧なことで復讐とか片腹痛いわ!

なんかさー、この話は恨みや思いつきで行動する人が多すぎる。
そんなの面白くないから。
信念や理念がないとねー。
おかげで面白いこという人もいないからつまんない。

期待のブシドーですら
クーデターに興味をもたないって…軍人やめたのか?
「ガンダムと戦いたい」欲求だけを追い求める残念キャラに成り下がった。
今回のタイトルは
ブシドーが見せた最後の武士道精神の発露だった言葉です。
その後は…期待外れでイマイチでござる。

さてさて、ウザいウザいと思い続けていた(酷)サジですが
どうやら化けそうです。
刹那が言っていた「作り出すことができる戦い」を実践しようと
戦う決意を固めました。
この人、カツみたいなのかと思ったけどカミーユになりそうな…
あれ? 気が付いたらメインになってる!?
あんまり眼中になかった人なのでビックリしました。

もう一人のメイン、刹那。
いち早く変革したのか? 体質が変わっています。
それどころかニュータイプなことまで…
それもカミーユ並の強力さです。
うーん。刹那は人類最初のニュータイプなのか?
この『00』が初代に繋がる話だと仮定して。

刹那とガンダムが人類を救えるのでしょうか?

にしても、死んだ人や愛する人の名前を呟く人たちの中で
「ヴェーダ」「ガンダム」と呟いた人たちに笑った。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking