氷菓・愚者のエンドロール (米澤穂信)

マンガの話ばかりしていますが小説も読んでいます。

古典部シリーズと呼ばれるシリーズなのですが
これがまた面白いんですよ!


氷菓 (角川スニーカー文庫)氷菓 (角川スニーカー文庫)
(2001/10)
米澤 穂信

商品詳細を見る


愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)愚者のエンドロール (角川スニーカー文庫)
(2002/07)
米澤 穂信

商品詳細を見る


ロウテンションな主人公が巻き込まれて重い腰を上げて事件を解決!

ぶうぶう文句をいいつつも真摯に取り組む主人公。
やる気満々な主人公もいいですが
こういう斜に構えた主人公にも接したくなるんですよね。
青臭いとこもなんかいい(にやり)

事件そのものも殺人などの殺伐としたものではなく
日常の延長なのでいい感じです。
最近は計画的に人を殺してどうのという話はあんまり~な気分なので
こういうのがちょうどいいです。

文章もよみやすいし。
読みやすいどころか好みですし。

まだ続きがあるようなのでゆっくりと楽しみたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking