『新選組!』を再見! 第6巻

だいぶ前に見たものの感想。
忘れないうちに…


新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
(2005/02/25)
香取慎吾、江口洋介 他

商品詳細を見る



第21回◆どっこい事件

上様、江戸へお戻りに。
将軍警護の名目がなくなりますが
会津藩の命令で不逞浪士の取り締まりを続行。
それが大坂奉行所の反感を買い怒られた~。

“誠”の旗ができあがりました!
それに伴い旗持ちの尾関がクローズアップ。
副長に「命に代えても守れ。死んでも手放すな」と言われ
それを最期まで貫くことになる尾関…うう、泣ける。

会津藩の威を借る芹沢、力士と無用の諍い。
…お互い道を譲り合えばいいのに!
なんでそんなことで流血沙汰?! 呆れる。
だいたい田舎者には違いないじゃんか。
あ、図星だからダメなのか。そーかそーか。


第22回◆屋根の上の鴨

心狭いな芹沢(苦笑)
新見さんラブー。芹沢のお守はおまかせ! ですな。
どんどん好きになるこの人。
だから今後の展開を見届けるには気合いが必要。

なにしろ犬猿の仲で水と油な副長と山南さんが
芹沢に関しては意見が一致するんですよ!
このふたりがタッグを組んだら無敵のような気がする…
新見さん、逃げてー!

マタサブロー、芹沢に斬られた。
…そんなことで刀抜くなよってとこで!
それが武士というヤツなのかもしれないけど許せないな。
それ以外でも芹沢の理屈には共感できぬ。
金儲けは×で、借金踏み倒しは○ってどんなよ?!
図星さされれば無言だし、ダサイな鴨!

大和屋留守だから諦めたのは局長に諌められたからだよね?
芹沢は意外と局長に弱い。
なのに余計なことを言うなよ~、お梅ぇ。

捨助、久々登場! ついに京に来たよ、この人(笑)
局長のとこに案内したのが河合さん!
捨助の獅童さんとは『ピンポン』で共演した大倉さんですよ!
こういうとこでニヤニヤさせてくれるのが三谷さんの脚本なのだ。

相撲興行で若旦那風な容保公が見られておもしろかった。


第23回◆政変、八月十八日

別に壬生浪士組が無事ならセーチューローシグミなんてどうなってもいいし!

芹沢が「セーチュー~は解散!」と喚くたびに ↑ のように思ってしまう。
沖田もアホですな。水は低きに流れるってこのことか。
残念な子。
新見さんもついて行く人を間違えたなぁ…

長州藩との決戦を前に呼んでもらえたのはいいけどお役目なし?
オハナバタケを警護って(苦笑)

副長の「ダメだこりゃ」って言い方!(爆)
やることを見出してハリキルあまりご機嫌になってしまった副長に
ドン引く山南さん(笑)

頭脳的なことで山南さんと渡りあえるのは新見さんだけなんだなぁ。
だからこそ、ということもあるんだろうな。
副長が真っ先にターゲットにしたのが新見さん…

山南さんに「修羅の道に踏み込む」と宣言する副長。
そしてそれを聞いている斎藤なのでした。


第24回◆避けては通れぬ道

さん言うときゃ言うね!
それに山南さんの“方便”。やるじゃん!

久しぶりの亀弥太登場。
ラブリー!!
なんだかんだ言って冷たくできないキミが好き!

今回はねー、“避けては通れぬ道”なんですよ。
芹沢なんていなくても構わないけど(私は)
新見さんを失うのはイタイんですよ(私が)。

そしてこの話で明らかになったのが
山南さんは“局長をトップに据えること”までしか考えていないってこと。
そっかー、そうだったのかー。
だから今は副長と利害が一致しているけど、のちのち…
うう…切ない。

新見さん切腹の場に河合さんが居合わせているのも暗示的で
なにかもー泣けてくる。

次は自分だとわかっている芹沢にも泣けてくるような気もしますが
そうならないようになぜできなかったのか?!
できないのが芹沢鴨という男なんだろうな。不器用な人だなぁ。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking