主人公の名前はアメミヤ…じゃなくて何だっけ?:だいなし 第1巻 (さとがねしょう)

舞台俳優が登場するコメディマンガ。
舞台俳優と聞いたら演劇FANとして読んでおかねばならないでしょう!


だいなし(1) (アヴァルスコミックス)だいなし(1) (アヴァルスコミックス)
(2011/02/15)
さとがねしょう

商品詳細を見る


テレビでも活躍する人気舞台俳優に憧れて
上京した服飾デザイナーを目指す専門学生が主人公。
なんですが
いきなり騙され路頭に迷ったところに現れた男が手を差し伸べてくれて…


ここまではよくあるパターンですよね。

手を差し伸べてくれた男 = 憧れの俳優

というのも込みで、よくある話だと言えます。
しかし! この話の非凡なところは

憧れの俳優 = オタク

という個性だと思います!
それも筋金入りなんですよ。
俳優をやっているのもオタクが高じてですから。
2次元がダメなら2.5次元で存在しよう! という考えです。
うわー、まさに「だいなし」…

貧乏かつ服飾デザイナーの卵の主人公ですから
衣装作りに借りだされるわけです。
オタクな方向の衣装のために(笑)
主人公も「お金のため」と割り切りつつ「これはこれでおもしろい」と
洗脳されつつあったりして(爆)

さらに主人公
この俳優が夢中な魔法少女アマミヤに似ているってことで
さらなる悲劇(喜劇?)に巻き込まれ
ドタバタに拍車がかかるんですよ。

基本は『めぞん一刻』みたいな感じ、と言えなくもないのに
住民の奇抜なキャラがそうは思わせないという(笑)
黙っていればみんなイイ人なんですけどね~。

つうか、この俳優ホントに人気も実力もある人なのかな??
お仕事風景が一切描かれないので実感できない…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking