思ったより怪しさ無かったな…:くるすの残光 天草忍法伝 (仁木英之)

このタイトル、歴史モノっぽいですよね。
『夕陽の梨』みたいな感じを期待して読んだんですが…


くるすの残光 天草忍法伝くるすの残光 天草忍法伝
(2011/02/11)
仁木英之

商品詳細を見る


あれっ? 歴史モノというより時代モノのテイストが強い??

最初は島原の乱が描写されて
天草四郎の最期になにやら託された人たちが散り散りになって
“魔界転生”的な復活を目論むのか?!
と思わせておいて、しばらくは江戸の町で暮らす人々の様子が語られます。

長屋がメインですよ。ありー? 予想外。

とまどっているとやがて
忍法帖のような戦いが始まりますが
どうもメインはそこではない。

信仰と愛情、これがポイントだったようです。

しっかし、敵さんがお金儲け大好きなひとで相手にとって不足だらけ!
なんだよそれ。
自分大事でお金大好きなんてサイテーだぞ!
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「くるすの残光・天草忍法伝」仁木英之

瞠目せよ。新たなる時代ファンタジーが誕生!若き殉教者の遺志を継ぐ美少年、そして異能の忍び五人衆が怪僧・天海に挑む!天草四郎の“聖遺物”を手にする者は? 寛永十九年(一六四...

コメントの投稿

非公開コメント

シリーズを念頭にしたためか謎が多く残っています。
続編を期待したいです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色さん

コメント&トラックバックありがとうございます。
返事が遅くなって申し訳ないです。

この話、シリーズものだったんですか?!
そうだったのか~。

あ、トラックバックさせていただきました。
無事に届いているといいのですが…
プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking