世にも珍しいケンタウロスマンガ:はたらけ、ケンタウロス!(えすとえむ)

これはタイトルだけで読んでみたくなりますよね!
表紙もイイ感じで、一目惚れでした(笑)


はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)はたらけ、ケンタウロス! (ゼロコミックス)
(2011/04/09)
えすとえむ

商品詳細を見る


お・も・し・ろ・い!!

ケンタウロスと人間が共存するファンタジー設定。
ついにケンタウロスの雇用も認められ社会進出し
種族の違いを乗り越えながら
人間社会で奮闘する気の長いケンタウロスたちのお話。
いろんな職業に従事するケンタウロスたちの短編集でした。


“ソバ職人見習い”

この話が一番好きです。

ソバに感動して弟子入りしたのはいいけど
デカイ馬体が厨房に入りきらず配達しかできない日々。
下半身馬だから配達はうってつけなんだけど
彼が本当にやりたいのはソバ職人。
そんなある日出会った人間の若人と新たな門出を迎えるべきなのか否か?!

ソバ屋の厨房に入れないんだったらこっちでも無理なんじゃないか?
と思っていたところにあのアイデア! 目から鱗!!
だから誘ってくれたのか! なるほど!!

その柔軟性に思わず唸りました。


“健太郎”

先輩がナイスガイです!

健太郎の話がしばらく続くのですが
とにかく先輩が好漢でメロメロでした。
口が悪くてぶっきらぼうなんだけど温かい人柄で偏見も(あまり)ない。
意外と面倒見がいいのがまたなんともたまらない。

長命なケンタウロスのなかでは若手の健太郎の目を通して
ケンタウロスの事情が徐々に明らかになるのですが
人間とは歳のとりかたが違うケンタウロス

「人からもらった名前を大事にする」という一言がこんなに重いとは…!
別れを意識しつつ人間と関わる彼らの覚悟の大きさを実感しました。


“靴職人”

避けられない別れに関して一つの結末を示してくれたお話。
これまた「うおっ!」と唸りました。

中盤の展開には唖然としましたが(アリな展開ですが。ベタとも言えますが)
この結末がこの話の冒頭に繋がるのか!
と気づいたときテンション最高潮!!


“モデル”

ケンタウロスゆえのコンプレックスと魅力。
諦めずに可能性に賭けて
のびのびと仕事に打ち込む姿は美しいのです。
なにごとも限界を決めてはいけません。


“ニート志望”

やっと来た、走る話!
これが一番ストレートなお話かもしれません。
タイトルから受ける印象とは違って
前向きな結末で読後感がイイ。


普通なら寿命の違う種族同士が関わるってことで
そこをポイントにメロドラマが展開しそうなものですが
そのあたりはとっくに折り合いをつけているケンタウロスたち。
変にジタバタせずに全てを受け入れて淡々と時を過ごす姿がステキでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking