映画の原作だから読んでみた:コクリコ坂から (高橋千鶴)

映画化に備えて復刻された本書。
読む予定はなかったのですが
身近に購入した人がいたので貸してもらえました!


コクリコ坂からコクリコ坂から
(2010/07/10)
高橋 千鶴

商品詳細を見る


わー、懐かしい!

このマンガは読んだことなかったのですが
(それどころか高橋千鶴さんのマンガ自体初めて読んだような気がしますが)
かつて馴染んだ“少女マンガ”のテイストが
ぎっちり詰め込まれた世界にクラクラしました。


これで記憶喪失が加われば韓国ドラマの原作にもなりそうだ(笑)

行方不明の・放浪癖のある・なにもしない祖母・別居している祖父
おしゃれと恋バナにしか興味のない・それよりまマトモな
実家は下宿を兼ねていて同居人がいる環境
それらの世話を一手に引き受けるしっかりものの長女が主人公。

下宿している人にほのかな思いを寄せている主人公(ベタだ!)
いろいろとお節介な主人公(かつてのヒロインてそうだった!)
ドジっ子でお勉強は苦手な主人公(かつての…以下同)
そんな彼女に密かに思いを寄せている学園の人気者(かつての…以下同)
でも実は出生には秘密が?!(超ベタ!!)


そんな塩梅でしたよ。
そうだね~、このころのヒロインてこんな設定多かったかも。

親はいなくても明るく元気よく!
勉強できなくても気にしない!
何にでも懸命で、わりとお節介!


久しぶりにこのテイストに接するとクラクラするもんだなぁ。
最近の少女マンガのヒロインはこうじゃないですからね。

学力抜群でしっかりもの。
最初は孤高の人でも、徐々に他人と関わるようになり
人間的に成長するヒロインが主流な気がします。

(雪野『カレカノ』・爽子『君届』・雫『怪物くん』あたり)
ま、単に私がこっちのほうが好みで選んで読んでるってのもありますが。

んで、なんで今これを原作に映画を作ろうとしたのかな?
意図がわからない…

けっこうアイタタな人が多くてイラついたんですよね。

主人公のお節介もさることながら
自分勝手で我儘な人が多数!
賭けごとで公的なお金を使いこむ学生ってのもアイタタだし
さらにウソを上塗りしてより混乱させるなんてもっての外!

だいたいお祖母ちゃんが家のことなんにもしてないのが信じられない!
学生である長女に家事を押し付けて自分は呑んだくれてんの?
呑んでもいいけど、やることやってからにしてよ。
なんか地味なところにイラついてストレス溜まったんですよね(ため息)

あとさー、出生の秘密の顛末お粗末すぎ!
今も祖父ちゃんが拘っている理由がイマイチわからん。

こういう話なら韓国ドラマ見れば事足りそうだけど
なんかうまくアレンジする算段ができているんだろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

韓国ドラマは、こういった昭和時代の日本のマンガを、パクっているのが多いですね~。

日本の昭和時代の絶版マンガをもっと復刊してほしいです!

なみとさん

コメントありがとうございます!
放置が続いていて気づくのに遅れて申し訳ありません!!

>韓国ドラマは、こういった昭和時代の日本のマンガを、パクっているのが多いですね~。
あら、そんなズバっと(笑)
そういうのが魅力なのでOKですよ!

そうですよね、昭和の名作がもっと復刊されると嬉しいですよね。
電子書籍がもっと普及すれば復刻版ももっと出てくるという話ですけど
どうなんでしょうね?
どうもこうも、ワタシは未だに電子書籍は読んだことがないんですけども(苦笑)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking