女子高生おばあちゃんな化け猫物語:ミル 1・2巻 (手原和憲)

初めて読む漫画家さん。
知らなかったんですけど評価が高いようなので読んでみました。

ひとり暮らしの大学生のもとに突然訪れた女子高生。
実は実家で飼っていた猫。
この猫は齢86の化け猫だったのだ!


というわけで妖怪変化モノです。
世間では擬人化と言われるのかもしれませんが
私は妖怪のカテゴリーに入れたいと思いました。


ミル 1 (ビッグコミックス)ミル 1 (ビッグコミックス)
(2010/04/28)
手原 和憲

商品詳細を見る


アマゾンの感想を読むと「泣ける」ということでしたが
大地震以来、神経すり減るような緊張感に曝されているので
そういう感動を抱けるかどうか…?
不安に思いながら読んでみたのですが

大丈夫でした! 泣けました!!

化け猫のミルの思いを語られるとブワっと!
アキが「おいで」と言った経緯がわかるともうっ!

化け猫ゆえの苦悩を知らず知らずのうちに受け入れたアキ
現在も戸惑いつつもミルのことを受け入れ
同居生活を開始。
大雑把で偏見なく受け入れてくれるアキはナイスガイです。

ミルの見る目は確かだった!(別にシャレではない)

おバカな学園モノとしても楽しめるし
お祖母ちゃんと暮らすようなジェネレーションギャップも楽しめるし
異種交流譚としても楽しめ
ラブコメものとしても楽しめそうな本作。

アキのまさかの(笑)元カノの登場で3巻が待ち遠しい。

化け猫仲間も増えて、ラブコメ要員も増えそうだし。
鼻ピンクハルオミにも仲良くしてもらいたい!
ハルオミはアキに似た暢気さと人の良さが感じられるので
きっと抵抗なく受け入れてくれるはず!

あ、別にラブコメ要素がなくても充分魅力的です。

ミルの佐賀弁がかわいい!
猫の気まぐれとおばあちゃんの世話焼きが相まって
かわいさ倍増!
ラブ要素がなくても普通に家族モノとして楽しめるんです。

1巻を読んだ時点ではラブなしだからこそ楽しめると思ったのですが
化け猫のシステムがわかったら俄然高まるラブコメへの期待。
最近、ラブコメ好きだからなー(笑)
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking